Saturday Night Talk



Nigiwai



Polyhedron


Lam Hung



Keiko Mori



Creamroom


最新情報  
   
2009.04.16 update (Japanese)  
   
中国・新富裕層のためのベッドブランド「Artmo」
2009.04
香港の代表的アートディレクターであるトミー・リー氏とコラボレーション。5つのテーマでベッドマットのテキスタイルデザインを3年がかりで開発しました。ひとつのブランドを構築するプロセスを体験し、中国企業のトップのこだわりと粘り強さに感動しました。
カタログ
--------------------

循環プロジェクト公演「にあいこーるのじじょう」
2009.04
ダンス・音楽・美術の3人のアーティストがナビゲーターとなり、障がいのある人とともに制作したパフォーマンス。昨年の大阪、東京公演に続き、進化しながら2会場で開催されます。杉崎真之助が告知デザインを担当。イラストレーター阿部真理子さんに心と体の根源をテーマとしたイラストを描いていただきました。
チラシ

世田谷美術館 パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランス vol. 8
22009.05.28木 19:00開場 19:30開演
世田谷美術館

桜美林大学 プラネット淵野辺キャンパス プルヌスホール
2009.05.30土・31日
プルヌスホール
--------------------
シンポジウム「奈良のデザインを語る」に参加
2009.03.24
奈良の新しいデザイン資源を探るプロジェクト「Nara 1300 Design Book」のシンポジウムが奈良国立博物館講堂で開催。奈良県出身のグラフィックデザイナーである杉崎真之助がパネリストとして参加しました。
写真
--------------------
大阪ブランド情報局WEBサイト「大阪万華鏡」に紹介
2009.03
大阪21世紀協会が運営するサイト。デザイン、アート、ロボットなど関西の各分野の人物が紹介されています。杉崎真之助の作品と記事が掲載されました。
リンク
--------------------
関西の文化人・クリエイターのサイト「文花人」に紹介
2009.03
よしみかなさんのかなりあとイエローキャブWestのタイアップによる人材キャスティング・プロデュースのためのサイト。杉崎真之助が掲載されています。
リンク
--------------------
JAGDA「カレンダーサローネ 2010」に参加
2009.04.01水−12日
東京六本木のミッドタウンにある「Design Hub」で、JAGDA会員がデザインした2010年版カレンダーの見本、約100点をプレゼンテーション。アノニマシリーズをモチーフにしたカレンダーを出品しました。
作品
--------------------
グラフィック社「常用デザインシリーズ・レイアウト」
2009.02
杉崎真之助の作品が掲載されました。
掲載記事
--------------------
MdN「デザイナーズ ファイル 2009」
2009.02
真之助デザインの作品が掲載されました。
掲載記事
--------------------
Helvetica forever: Story of a Typeface
書体ヘルベチカの誕生50年を記念した展覧会。杉崎真之助のポスターも掲載されています。
大阪
2009.01.15木ー02.27金 11:00ー19:00(土18:00)日月祝休
dddギャラリー 大阪市西区南堀江1-17-28 電話06-6110-4635
東京
2009.02.05木ー02.28土  11:00ー19:00(土18:00)日月祝休
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)中央区銀座7-7-2
電話03-3571-5206
会場作品
--------------------
AGI国際グラフィック連盟の会員作品集 日本語版も登場
輝かしい連盟の歴史とともに、杉崎真之助を含む会員の作品が網羅されています。
2009.01
1950年からのグラフィックデザイン 日本語版ピエ・ブックス発行
AGI, Graphic Design Since 1950 英語版Thames & Hudson発行
掲載記事
--------------------

第50回を迎えた「全国カタログ・ポスター展」に入選
2008.12.10
応募総数658点の中から入選作が決定しました。真之助事務所が制作したNISSHAのブランドステートメント「Trend Meets Technology」ポスターが、日本印刷産業連合会奨励賞を受賞。
--------------------
松下電器産業「PaNa」日本経団連推薦社内報で優秀賞を獲得
2008.12
--------------------

 
G8年末チャリティー企画「大切に使いたいビニール傘 傘日和」に出品
2008.11.25火ー12.20土 11:00ー19:00 日・祝休
クリエーションギャラリーG8 ガーディアン・ガーデン 入場無料
国内外で活躍中のアーティストやデザイナー266人が参加。作品は2500円で予約注文販売し、収益金はユニセフに寄付されます。
作品
--------------------
「真 AND/OR 善」杉崎真之助と高橋善丸のグラフィックデザイン
展覧会 2008.11.25火ー12.24水 11:00ー19:00(土18:00まで)日・月・祝祭休館
会場:dddギャラリー 大阪市西区南堀江1-17-28 電話 06-6110-4635
オリジナルポスターを含む展覧会とトークを開催

ギャラリートーク
2008.11.25火 16:00ー17:30
参加ご希望の方は事前にギャラリーまでお申し込みください。(定員70名)

オープニングパーティ 
2008.11.25火 17:30ー19:00

スチューデントデイ
2008.12.06土 15:00ー17:00
参加ご希望の方は事前にギャラリーまでお申し込みください。(定員70名)
真 AND/OR 善
dddギャラリー

オリジナルブック「SOLIDGRAPHY」デザイン+編集:杉崎真之助を発行
2008.11
B6サイズ・カラー65ページ 1300円(税込)
発行:財団法人DNP文化振興財団、dddギャラリー
「真 AND/OR 善」dddギャラリー会場で販売します。
--------------------
グッドデザイン受賞
2008.10
NISSHAブランドステートメントの視覚化とブランドアーキテクチャによる統合的展開が企業などが行う広告・広報・CSR部門でグッドデザイン賞を受賞しました。
--------------------
「真善美展」デザインノート19号掲載
2008.05
誠文堂新光社発行
ハンブルク美術工芸博物館での展覧会をはじめ個展作品を中心に紹介されています。
掲載記事
--------------------
中国のデザイン誌「新平面雑誌」17号の大阪クリエイター特集をプロデュース
2008.06
江蘇美術出版社発行
11名のデザイナー、クリエーターが紹介されています。
--------------------
ラバイブ
2008.06
なぞの愛の運動「Lovibe」にロゴを提供
現在キーホルダーなどに展開されているという噂です。
--------------------
中国のデザイン誌「新平面雑誌」14号に巻頭特集
2007.12
江蘇美術出版社発行
プロセスの思考と作品の完成ー杉崎真之助巻頭インタビューが12ページにわたり掲載されました。
掲載記事
--------------------
香港・龍行天下国際文化有限公司発行「Excellent国際デザイン年鑑」
2008.05
中国、香港を中心に世界のブランディングデザインを集めた年鑑。日写、モリサワパスポートも紹介されています。
掲載記事
--------------------
香港・Viction:ary発行「印刷のしごと−Print Work」
2008.05
素材の加工に関して香港−中国の印刷のレベルは非常に高く、コストも安い。さまざまな印刷方法を集めた作品集が発行されました。英語、日本語並記。杉崎真之助デザインのタイポグラフィ年鑑2005年版も紹介されています。
掲載記事
--------------------
不思議な陶製キャラクター「さとこ」をモチーフに、大阪のふたつの個性派ギャラリーで展覧会
2008.05
「さとこの世界」展  2008年5月12日(月)〜31日(土)
会場:シェ・ドゥーヴル 大阪市西区阿波座1-9-12 電話06-6533-0770
ノース新町にあるキッシュがおいしいカフェの奥にあるギャラリースペース。さとことその世界をインスタレーションとパフォーマンスで表現します。
05.12月 パーティ19:00 ライブ20:00
ギャラリー情報

「さとこショップ」展  2008年5月19日(月)〜28日(水)
会場:マニフェストギャラリー 大阪市中央区大手通1-1-1 電話06-6943-5892
大手通りにあるミニミニ画廊。さとこフィギュアのガレージキットとブロマイドを展示。協力:海洋堂
ギャラリー情報
--------------------

第21回「ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ」に入選
2008.04
ポーランド・ワルシャワで2年おきに開催されるポスターデザインの代表的コンテストのひとつ。ドイツ・ハングルク美術工芸博物館「真 善 美」グラフィックデザイン展の公式ポスターが入選しました。
入選作品

--------------------

杉崎真之助 個展「デザイン マイナス アート」開催
2008.03.11火−16日 12:00−19:00 最終日 17:00
パーティ 03.11火 18:30から
LADSギャラリー 電話06 6453 5706 大阪市福島区福島3-1-39メリヤス会館1階
3年ぶりの個展。日常の仕事から距離をおいて、カタチの本質に迫ります。
ギャラリーは国際会議場、ロイヤルホテル、国立国際美術館などがあつまる中之島エリアの北にあり、
歴史的建築物「メリヤス会館」をリノベーション。
デザイン マイナス アート
--------------------

第23回「ブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレ2008」に入賞
2008.04

チェコで2年おきに開催されるグラフィックデザインの代表的コンテストのひとつ。杉崎真之助の作品「日本タイポグラフィ年鑑2005」と杉崎真之助作品集「印象の構造」2点が入選しました。
日本タイポグラフィ年鑑  印象の構造
--------------------

真善美 杉崎真之助X高橋善丸 出版記念パーティ

ハンブルク美術工芸博物館での展覧会を機に出版した作品集。
報告のトークをまじえてパーティを開催。来場200人、300部を記録しました。
展覧会は現在期間を延長して開催中です。
2008.02.15金 18:30トーク、19:30パーティ
会場:カフェモード 大阪市西区南堀江1-14-26 Tel. 06-6536-4788
会費:会費5,000円 作品集1冊を進呈
申込、問合せ grafik@shinn.co.jp
真善美展覧会 ハンブルク美術工芸博物館

作品集「印象の構造 杉崎真之助のグラフィックデザイン」
購入はMCCMクリエーション(英語)、またはエースブック(日本語)まで 注文書PDF
--------------------
「51歳のヘルベチカ ブックカバー展」出品
2008.01.08火ー27日 11:00ー18:00 月曜休
美篶堂 千代田区外神田2-1-2 03-3258-8181
日本タイポグラフィ協会主催の展覧会。
--------------------
「掌の平サイズのオモチャ展」出品
2007.12.24月ー28金 11:00ー19:00
番画廊 大阪市北区西天満2-8-1 06-6362-7057
画廊ゆかりのアーティストを中心にオリジナルの小品が集まります。
--------------------
 

JAGDA「POST切手展」出品
2007.12.14金ー2008.02.03日 12.31ー01.03休館 
港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー5F

東京ミッドタウン・デザインハブ第7回企画展。郵便が変わり始めた。切手のデザインはどう変わる。200名のデザイナーが切手のデ ザインに挑戦します。
出品作品
--------------------

1
和菓子の展覧会「さくら、奏でる」京都展出品
2007.12.14金ー16日 11:00ー18:00
パルアート 京都市上京区西洞院通下立売下る西側 075-231-5479
●師走のお茶会 12.16日 11:00ー16:00 500円
デザイナーと書道家が伝統に培われた和菓子の世界に挑戦しました。大阪・太融寺に続いて京都に巡回。
出品作品
--------------------
DAS来年の干支展「ねずみ」 出品
2007.12.11火ー20木 11:00ー17:15 土・日休館
平和紙業 ペーパーボイス大阪 大阪市中央区南船場2-3-23 06-6262-0902 
●オープニングパーティ 12.11火 18:00
干支の「子」をテーマにしたDAS総合デザイナー協会会員の作品展が開催されます。
出品作品
--------------------
ハンブルク美術工芸博物館で展覧会を開催
「真 善 美」杉崎真之助と高橋善丸のグラフィックデザイン
2007.11.23金ー2008.02.24日
ドイツ・ハンブルク美術工芸博物館
近作を含めたポスターを中心に、約100点のグラフィック作品やブックを3カ月にわたって展示する大規模な展覧会。
約130年前に開館したハンブルク美術工芸博物館は、彫刻やグラフィックデザイン、写真、工業デザインなどの産業芸術をテーマとしたヨーロッパでも有数の美術館。25万枚以上のポスターを収蔵し、展覧会の他に講演会などの教育的な活動を実践しています。
主催:ハンブルク美術工芸博物館
真善美
--------------------
「印象の構造 杉崎真之助のグラフィックデザイン」出版
ハンブルク美術工芸博物館の展覧会と同時に、杉崎真之助の作品集を出版。
ISBN 978-988-99842-7-4
発行:ハンブルク美術工芸博物館 発売:MCCM Creations 香港
A5 サイズ 224 ページ カラー 英語および日本語、一部ドイツ語  25.5 USドル (国内価格未定)
「印象の構造」表紙
--------------------
「日本のクリエイター300人によるエコグッズデザイン展」出品
2007.12.16日ー2008.01.19土
中国・上海当代芸術館
クリエイションギャラリーG8、ガーディアンガーデンでECO×DESIGNをテーマに開催されたエコバッグ展、扇子展、FUROSHIKI展の全作品を一堂に展示紹介。
--------------------
 
G8年末チャリティー企画「オリジナルカップ&ソーサー展」出品
2007.11.26月ー12.22土 11:00ー19:00(日・祝休館)
クリエーションギャラリーG8 ガーディアン・ガーデン 入場無料
恒例となったG8の年末チャリティー企画、今年はオリジナルカップ&ソーサーの展覧会「お茶にしませんか?」です。国内外で活躍中のアーティストやデザイナー280人が参加。1客3,500円で予約注文販売され、収益金がユニセフに寄付されます。
出品作品 ギャラリーG8情報
--------------------
 
和菓子の展覧会「さくら、奏でる」参加
2007.10.19金ー21日 
大阪・太融寺本坊
7人のグラフィックデザイナーと1人の書道家が、伝統に培われた和菓子の世界に挑戦。デザイナーのスケッチ(データ)を京都・上七軒の老舗「老松」店主・太田さんが和菓子に仕上げました。
参加者:岡信吾、嶋高宏、杉崎真之助、高橋善丸、田積司朗、田村昭彦、藤田隆、荻野丹雪〔書道家〕
展示作品
--------------------
三菱ウェルファーマIR広告が日経金融新聞広告賞優秀賞受賞
2007.10
日経金融新聞紙で展開してきた三菱ウェルファーマのシリーズIR情報広告が、2003年の最優秀賞に続いて2007年の優秀賞を受賞しました。
受賞作品
--------------------
 
松下電器産業「PaNa」第6回全国社内誌企画コンペでゴールド企画賞受賞
2007.09
松下電器産業グループの全社員に配付される社内誌「PaNa」が今年も受賞。
受賞作品
--------------------
 

インテックス大阪「JP2007」デザインセミナー
2007.05.26土 13:00ー14:00 
インテックス大阪5号館 特設会場 入場無料
JP20007のDayセミナーで、杉崎真之助がグラフィックデザインの感性「紙・デザイン・印刷」をテーマに、スライドを交えてレクチャーを行います。
講師:杉崎真之助 問合せ:JP産業展協会事務局 06-6311-0281
--------------------

 

「香港国際ポスタートリエンナーレ」3作品入選
2007.05
香港歴史博物館が主催し、娯楽文化省と香港デザイナー協会が共催する国際的なポスターコンペに、2004年に続いて杉崎真之助のAGI日本大会のためのポスター「TO KYO TO」、文楽世界登録記念ポスター「Bunraku」、世界を別の角度で表現した「Glocalism」が入選しました。
入選作品1  入選作品2  入選作品3  文化博物館
--------------------

中国の代表的なデザイン専門誌が大阪のデザイン特集
2007.01 「Art and Design」84号
大阪のデザインの歴史やデザイン展の紹介、杉崎真之助、ヤマモトヒロユキ、服部滋樹、オオモリカズ、
シマダタモツなどのクリエイター、Digmeout出身の注目作家などが40ページにわたり紹介されています。
表紙は杉崎の作品。カットアップ&リミックスされていていて、すごいことになっていますが。
掲載記事
--------------------

「オリジナルエコバッグ」巡回展が仙台で開催
2007.01.30−02.02 
仙台メディアパーク  10:00−19:00
クリエイションギャラリーG8の2005年末チャリティ企画「280人のクリエイターによるオリジナルエコバッグ展」の巡回展が各地の百貨店などで開催されてきました。 今回は仙台です。
--------------------

国際ポスターコンテスト「上海2006」 に入賞
2006.12
2010年に上海で開かれる世界博を記念したポスターコンテスト。33国家・地区から2,200点以上の作品が寄せられ、一般審査の結果、人気を集めた上位15作品が「大衆が最も好むポスター」に選ばれました。日本からはNakazawa Sadayuki氏が二等、伊藤豊嗣氏と杉崎真之助が三等をそれぞれ獲得しました。
作品
-------------------
G8「オリジナル扇子展」出品
2005.11.27月ー12.27金 11:00ー19:00(日・祝休館) 入場無料
クリエーションギャラリーG8 ガーディアン・ガーデン
恒例となったG8の年末チャリティー企画、今年はオリジナル扇子展です。
国内外で活躍中のアーティストやデザイナー280人が参加し、杉崎真之助も出品。
作品は3,500円で予約販売され、収益金がユニセフに寄付されます。
ギャラリーG8情報
--------------------
「若林広幸X杉崎真之助が語るゆらぎとずれのレイアウト」+Designing冬号掲載
2006.12
毎日コミュニケーションズ発行
ラピートをはじめ独自のスタイルで有名な京都の建築家・若林広幸と杉崎真之助が
京都法然院で対談。その記事が作品とともに6ページにわたって掲載されました。
掲載記事
--------------------
「Almanac of Asia-Pacific Design 2006」作品掲載
2006.11
Heilongjiang Arts Press刊、Sandu Culture Organization編
中国、香港などアジアのグラフィックデザインを集大成した年鑑。
杉崎真之助の作品がベルリンポスターなど2点収録されています。
--------------------
 
DAS扇子展「雪月風花」開催
2006.12.12火ー21木 11:00ー17:15(土・日休館)
平和紙業 ペーパーボイス大阪 大阪市中央区南船場2-3-23
書家・荻野丹雪さんをフィーチャーしたDAS会員作家16人による扇子展に杉崎真之助も出品しています。
--------------------
身体の仕事とその視点「BODY WORK展」JAGDA大阪が開催
デザイナーとデザインとの関係をもっとも明快にあらわした「仕事1点」と
その「本人の解説」で構成された展覧会。
同時に、学生を対象としたスクールを開催し。空間そのものが生の教科書になります。
2006.11.20月ー30日木 9:00ー17:00 土・日・祝休館 入場無料
平和紙業ペーパーボイス大阪 大阪市中央区南船場2-3-23 電話06-6262-0902
スクール 2006.11.22水 18:30ー20:30
司会・進行: 植木啓子(サントリーミュージアム学芸員)
講師 荒木志華乃、清水柾行、杉崎真之助、三木 健
--------------------
グラフィックをはばひろく理解するための書籍「The Complete Graphic Designer」
2006.10
モリサワ、サントリーミュージアム天保山ほか真之助事務所の多数の作品が紹介されています。
Rockport出版発行 Ryan Hembree編著 40ドル ハードカバー 192ページ 
書籍紹介
--------------------
ワークスコーポレーション発行 DTPWorld11月号記事「書体探訪」
2006.10
杉崎真之助によるモリサワ書体のコメントが掲載されています。
記事
--------------------

Paper Design Sakura Project Six Exhibition「紙をデザインする」大阪で開催
2006.10.16月ー26木 10:00ー18:00 日曜休館
平和紙業ペーパーボイス大阪 大阪市中央区南船場2-3-23 電話06-6262-0902
参加作家 荒木志華乃 岡 信吾 嶋 高宏 高橋善丸 杉崎真之助 藤田 隆
大阪成蹊大学につづき6名のデザイナーが、新しい紙の開発に挑戦。
普段紙との関わりの深いデザイナーとしての視点から、その紙の使い方を追求し、自らのイメージ、
その効果を求めた紙そのものを作ってみようという試みが今回の展覧会になりました。
オープニングパーティは10.16月18:00から。

ペーパートーク「紙を語る」出品作家が紙を語ります。
コーディネーター 田村昭彦(大阪芸術大学教授)
2006.10.21土 16:00から。平和紙業4階 参加無料

平和紙業 ペーパーボイス大阪
作品ポスター
--------------------

大阪人11月号「大阪弁のグローバルデザイン」
2006.10
大阪都市協会10.01発売の同誌に巻頭エッセイが掲載されています。
昭和22年創刊の雑誌「大阪人」。前身は「大大阪」大正14年創刊の長寿雑誌。
記事

--------------------
読売新聞関西版9月27日夕刊の企画広告「秋 旅へ行こう」
2006.09.27
大人が選ぶ「旅具」として杉崎真之助のPowerBook、CASIOデジカメ、PDAなど
旅行グッズが紹介されています。以前雑誌「大人組」に掲載された記事。
記事

--------------------
モリサワフォントカタログ
モリサワの新しいカタログをデザインしました。
書体の特長がわかりやすく構成されています。
作品 

--------------------
真之助事務所では現在スタッフを募集中
2006.09
新卒と経験者。求人情報をご覧ください。
求人情報 スタジオ情報
--------------------
AGI 東京と京都で国際会議・3つの展覧会
AGI(国際グラフィック連盟)は1952年にパリで創立され、現在28カ国360名(日本24名)のグラフィックデザイナーが会員となっている国際的な組織です。毎年各都市で総会やセミナーなどを行っており、2006年は東京と京都で国際会議や3つの展覧会が開催されます。

AGI「日本会員新作ポスター展」
2006.09.19火ー09.29金 11:00ー19:00(土・日・祝休館 水は 20:30まで)入場無料
クリエイションギャラリーG8
東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F  
電話 03-3575-6918
出品者 青葉益輝/浅葉克己/福田繁雄/原研哉/五十嵐威暢/勝井三雄/松井桂三/
松永真/松下計/三木健/永井一正/長友啓典/中島英樹/新島実/佐藤晃一/U.G.サトー/
佐藤卓/澤田泰廣/杉崎真之助
クリエイションギャラリーG8  

AGI「会員作品展」

2006.09.19火ー09.29金 11:00ー19:00(土・日・祝休館 水は 20:30まで)入場無料
2006.09.23土ー10.15日 10:00ー18:00(月休館)入場無料
凸版印刷博物館P&Pギャラリー
東京都文京区水道1丁目3番3号トッパン小石川ビル
P&Pギャラリー  

AGI「掛軸展」
○ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg) 
2006.09.26火- 30土 11:00ー19:00(日祝休館 土は18:00まで)
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
電話 03-3571-5206
○京都精華大学 ギャラリーフロール
2006.09.25月ー10.01日 10:30ー18:30(水休館 最終日は17:00まで)
京都市左京区岩倉木野町137
電話 075-702-5230
いずれも入場無料。内外の会員76名ほどが参加する掛軸展。
ggg ギャラリーフロール  
--------------------




Mebic扇町でセミナー「クリエイティブクラスターセミナー 先輩に聞こう!」
デザインでビジネスをしていくということ 杉崎真之助
2006.09.12火 19:30ー21:30 扇町インキュベーションプラザ メビック扇町
大阪市北区南扇町6-28 水道局扇町庁舎2F
電話 06-6316-8780 Eメール info@mebic.com
これからのクリエイター・デザイナーを対象に、制作力、経営力、市場対応能力を高め、基本的知識の修得と参加者間のネットワークづくりを目的としたセミナー。杉崎真之助が講師の一人として参画し、デザインとビジネスについて語ります。
セミナー情報  
--------------------
DAS 50周年「記念式典シンポジウム・パーティ」
2006.09.09土 記念シンポジウム 15:30ー17:30
第1部 基調講演 鷲田清一 大阪大学 副学長
パネルディスカッション コーディネイター 巽 正和
パネラー 飯田吉秋 能口仁宏 杉崎真之助 見寺貞子
第2部 パーティとコンサート 18:00ー19:30 お食事にワイン、そして音楽と映像のライブ
毎日新聞オーバルホール 大阪市北区梅田3−4−5 参加費2000円
お問合せ DAS(総合デザイナー協会) 電話 06-6346-8695 Eメール das@das.or.jp
テーマ「守・破・離次代を拓く」をもとに、デザインのこれからを考えるシンポジウムを開催。パネルディスカッションに杉崎真之助が参加します。

--------------------
「Envirograph 世界をグラフィる」開催
2006.07.24月ー08.03木 09:00ー17:15(土・日休館)
平和紙業 ペーパーボイス大阪 大阪市中央区南船場2-3-23
藤田 隆、杉崎真之助、高田雄吉の3人のデザイナーが、コミュニケーションデザインに焦点をあてた展覧会を開催。地球や環境について重要な意味を持つさまざまなデータを情報デザインによってグラフィック化する新しい試みです。07.24月18:00からオープニングパーティ。
作品 

--------------------
Paper Design Sakura Project Six Exhibition「紙をデザインする」出品 
2006.07.10月ー29土 12:00ー18:30(土曜は17:00まで・日曜休)
2006.08.01火・02水・05土・06日 10:00ー17:00(オープンキャンパス開催中は開廊)
大阪成蹊大学 芸術学部 スペースB 京都府長岡京市調子1丁目25-1
荒木志華乃、岡信吾、嶋高宏、高橋善丸、杉崎真之助、藤田 隆の6名のデザイナーが、新しい紙の開発に挑戦。紙というメディアへの認識をより深めることをめざした展覧会です。

公開講座 2006.07.22土 14:30 入場無料
大阪成蹊大学芸術学部121教室
6人のデザイナーによる紙作りの話を中心に、日常のグラフィックワークと紙の関係を語ります。
作品 
--------------------

「第8回世界ポスタートリエンナーレトヤマ」入選
2006.07
富山県立近代美術館主催の世界ポスタートリエンナーレに杉崎真之助が入選。受賞作品はシルクスクリーンの印刷会社の25周年を記念したポスターです。また事務所スタッフの鈴木信輔が初の個展「polyhedron」で発表したポスターも入選しました。入選作品の展覧会が富山県立近代美術館で2006.07.01土から08.10木まで開催されます。 
杉崎真之助 作品
  鈴木信輔 作品
--------------------

「第85回ニューヨークADC賞」入選
2006.06
世界でもっとも権威のある広告賞のひとつ、ニューヨークアートディレクタークラブの Awardに、杉崎真之助が制作した「シアターBrava!」のポスターが入選。
作品

--------------------
「大阪府デザイン・オープン・カレッジ5月開講コース」で杉崎真之助のセミナー
デザイン発想−グラフィックデザイン編
2006.05.18木 グラフィックデザインのおわり、そして、はじまり
2006.Merit05.25木 ミュニケーションデザインの原理
14:00〜17:00(2日間) 別途講師との交流会<5月25日>を予定しています。
会場:マイドームおおさか 定員:30名 受講料:6,000円(2日間)
事例と体験を通してコミュニケーションツールとしてのデザインの本質をさぐるこころみ。
--------------------
「キヤノン大判プリンターソリューションフェア2006」でセミナー
2006.05.12金 名古屋 講演時間16:00〜17:00
2006.05.16火 品川 講演時間15:00〜16:00
セミナーD ラージフォーマットでデザインするということ
ラージフォーマットにおける発想のあり方と方法論について。
講師:杉崎真之助 協賛:株式会社エムディエヌコーポレーション
--------------------
「ECO BAGS SAVE THE EARTH」巡回展 作品展示販売
2006.05.30火ー06.05月 三越新潟店・仙台店・福岡店
2006.06.14水ー30金 松坂屋名古屋本店
クリエイションギャラリーG8の2005年末チャリティ企画「280人のクリエイターによるオリジナルエコバッグ展」の巡回展が各地の百貨店などで開催され、 杉崎真之助の作品も展示販売されます。続いて新潟県立近代美術館、札幌にも 巡回予定です。
--------------------
「日韓工芸文化交流展」出品
2006.05.10水ー18木 09:30−16:30(土日休館)
韓国領事館2階展示室 大阪市中央区西心斎橋2-3-4
日本と韓国の美術、工芸、デザインの交流展。杉崎真之助の作品が展示されています。
--------------------
「タイの骨 ー路地裏から見える素顔のタイー 」表紙デザイン
2006.04
宮本雄一郎著 2,310円(税込)
タイで家を探し、日本語教師の仕事を見つけ、タイ人といっしょに働いた2年間の経験と発見が生き生きと綴られた本です。著者の宮本雄一郎氏は杉崎真之助の友人。表紙デザインとイラストを真之助事務所スタッフが制作しました。
購入
--------------------
「ALL MEN ARE BROTHERS デザイナー編」作品・記事掲載
2006.03
hesign International刊 中国版
AGI会員デザイナー108人の作品とインタビューが掲載されています。秋に英語版もヨーロッパで発売予定。
購入   作品掲載
--------------------
「現代平面設計与制作実用手冊」作品掲載
2005.12
黒龍江科学技術出版社刊 黄炯青著
ロゴから書籍、パッケージまで幅広くグラフィックデザインの制作プロセスを解説。中国深?、香港の有力デザイナーが編集に参加。
作品掲載
--------------------
「ブランディングデザイン2」作品掲載
2006.03
グラフィック社編集部編 9,500円(税別)
ブランディングデザイン事例集第2集。国内外のデザイン会社や有力デザイナー、コンサルティング会社が参加し、最新のブランディングプロジェクト事例から約230例を精選して収録。
購入
--------------------
「タイポグラフィデザイナーズ」作品掲載
2006.03
日本タイポグラフィ協会編 アートボックスインターナショナル刊 4,830円
タイポグラフィにこだわるデザイナーの作品集。関西のタイポグラフィデザイナーが多数参加しています。
アートボックスインターナショナルでは2006.03.27月ー4.1土、Art Box ギャ ラリー (東京)にて出版展覧会が開催されました。
作品掲載
--------------------
「ネオ ジャパネスク グラフィックス」作品掲載
2006.03
ピエブックス刊 14,700円(税込)
広告・装幀・パッケージなどのカテゴリーごとに「新・和風デザイン」を紹介。
ピエブックス
--------------------
「MdNデザイナーズファイル」掲載
2006.02
MdN社刊 3,990円(税込)
注目される248名のグラフィックデザイナーの代表的な仕事と連絡先を紹介。
購入   作品掲載
--------------------
「Meggs' History of Graphic Design」第4版 作品掲載
2005.12
Philip B. Meggs, Alston W. Purvis著 John Wiley & Sons刊 75ドル
アメリカで定番となっているグラフィックデザインの歴史の本。ビクトリア朝 の時代から現代までを包括し、社会史と並列してデザインヒストリーを学べる ように構成されており、アメリカのデザイン学校で広く使われています。
購入
--------------------
「アルゴット化粧品」WEBサイト掲載
2005.12
スキンケア化粧品アルゴットのWEBサイトに、杉崎真之助がデザインの考え方やアルゴット化粧品のパッケージデザインについて語ったインタビュー記事が掲載されています。
掲載ページ
--------------------

「ブックカバー展」出品
2006.01.10火ー24火 11:00ー18:00(月曜日定休
美篶堂 ショップ・工房・ギャラリー 東京都千代田区外神田2-1-2 東進ビル本館1F
日本タイポグラフィ協会主催のブックカバーの展覧会に杉崎真之助をはじめ全国の会員デザイナー30名が参加。01.10火18:00よりオープニングパーティが開かれます。
日本タイポグラフィ協会情報
--------------------

「100万人のキャンドルナイト」出品
2005.12.22(木) 18:00ー22:00(ライトダウン20:00ー22:00)
雨天の場合は23(金)に順延(23も雨天の場合は中止)
大阪市北区西梅田ー梅田一帯
冬至の日に電気を消してスローな夜を過ごそうという全国的なキャンペーンを大阪でも開催。杉崎真之助などデザイナーやアーティスト、学生たちが参加し、消灯した街にキャンドルの光を使ったアートが静かにまたたきます。
100万人のキャンドルナイト
--------------------

展覧会「はたらくことば」開催
2005.12.20火ー2006.1.18水 9:00ー17:00 (12.29ー01.03と土・日祝は除く)
大阪府庁本館 地下1ー6F廊下
詩人の上田假奈代と杉崎真之助のコラボレーションによる「ことばアート展」を大阪府庁で開催。
●オープニングミニライブ「おひるやすみのはたらくことば」
20火12:20ー12:55、正面玄関エントランスに上田假奈代や声楽家の北村多恵が登場。
はたらくことば
--------------------

「粋をのむー飲む器のデザイン展」出品
2005.12.08木ー15木 10:00ー17:30 (土・日休館)
平和紙業ペーパーボイス
杉崎真之助など各界のデザイナー19名が参加するDAS(総合デザイナー協会)主催の展覧会。自由な発想と素材を生かして創作した「粋をのむ器」を発表します。12.08木18:00よりオープニングパーティ。
ペーパーボイス案内
--------------------

G8「ECO BAGS SAVE THE EARTH」出品
2005.11.28月ー12.22木 11:00ー19:00(日・祝休館) 入場無料
クリエーションギャラリーG8 ガーディアン・ガーデン
恒例となったG8の'05年末チャリティー企画は、280人のクリエイターによるオリジナルエコバッグ展。国内外で活躍中のアーティストやデザイナーが多数参加し、杉崎真之助も出品しています。作品はコットン製の買物袋、3,500円で展示販売されて収益金がユニセフに寄付されます。
ギャラリーG8情報
--------------------

「HKDA Award Exhibition」入選作品展示
2005.11.20日ー23水・祝
Hong Kong Convention and Exhibition Center
杉崎真之助の作品2点が香港のHKDA AWARD 05に入選し、展覧会とセレモニーが開催されました。
入選作品1  入選作品2
--------------------

「Asia Pacific Graphic Desig Exhibition」入選作品展示
2005.10.19水ー11.03木・祝
広州美術学院美術館
中国で開催されたアジア太平洋デザイン展に杉崎真之助の作品が入賞。また作品は「Almanac of Asia-Pacific Design 2005」(Heilongjiang Arts Press刊、Sandu Culture Organization編)に収録されました。
入選作品1  入選作品2
--------------------

フリーペーパー「Plug」創刊
2005.10
アート関連の多彩な動きを独自の視点で紹介する季刊誌「Plug」のデザインを真之助事務所が担当。大阪府立現代美術センターと大阪大学コミュニケーションデザインセンター、NPO recipの協同プロジェクトです。10月に続き12月末に第2号を発行。
Plug1
--------------------

「モリサワパスポート」ブランドデザイン
2005.08
モリサワのまったく新しいフォントライセンスプログラム「モリサワパスポート」。真之助事務所がブランドデザインを手がけました。
作品 モリサワ
--------------------

Tee 240号「名刺に見るデザインの考現学」掲載
2005.10
日本タイポグラフィ協会のTee誌に、杉崎真之助を含む国内外のデザイナーの名刺が掲載されました。
Tee誌
--------------------

「Berlin - seen by AGI」ポスター展示
2005.09
世界的なグラフィックデザイナーの団体AGI(国際グラフィック連盟)が2005年大会を09.21水ー25日にベルリンで開催。会員の杉崎真之助がポスター「Berlin」を展覧会に出品しました。
作品 AGI
--------------------

「The Complete Typographer」作品掲載
2005.09
アメリカで発刊された「The Complete Typographer」(Pearson Prentice Hall刊、Will Hill著)に杉崎真之助の作品が紹介されました。
--------------------

「The Layout Design Workbook」作品掲載
2005.09
アメリカで発刊された「The Layout Design Workbook」(Rocketport Publishes刊、Kristin著)に杉崎真之助の作品が紹介されました。
--------------------

「Fantastic Folders and Exceptional Envelopes」作品掲載
2005.09
アメリカで発刊された「CullenbookFantastic Folders and Exceptional Envelopes」(Cullenbook刊、Patricia Belyea and Jenny Sullivan著)に杉崎真之助の作品が紹介されました。
--------------------

「大人組7・8月号」に杉崎真之助の旅行グッズ掲載
2005.07
関西発の大人のための雑誌「大人組7・8月号」(プラネットバルン発行)の「楽旅良品」特集に杉崎真之助が登場。大人が選ぶ「旅具」として、自身のPowerBook、CASIOデジカメ、PDAを紹介しています。
誌面
--------------------

「色・いろ デザインとネットワークの新しい世界」展覧会
2005.05.26木〜31日火 12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
FUKUGAN GALLERY 大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F 
新しいバーコードフォーマット「カラーコード」をテーマとした展覧会に、杉崎真之助をはじめデザイナー20名が参加。26日木18:00よりオープニングパーティを 催します。
--------------------

松坂屋「燐票浪漫展」開催
2005.05
燐寸のラベル展。以前大阪で発表された杉崎真之助をふくむ10人のデザイナーによる燐寸ラベル作品が展示されています。
2005.05.04水−16月 名古屋松坂屋南館3階
作品 松坂屋
--------------------

「ポケッチュ」、ドイツのデザイン誌「page」に掲載
2005.05
中部電力の携帯メールサービス「ポケッチュ」キャンペーンのための作品がドイツのデザイン誌「page」5月号に掲載されました。
作品 page誌
--------------------

ポスターが第15回ラハティポスタービエンナーレに入選
2005.05
入選作品は、世界の人口をテーマにしたポスター「グローカリズム」。大阪千里のIMI大学院のイベントの一環として制作されたもの。展覧会は06.08− 09.14 ラハティポスター美術館(フィンランド)で開催予定。
作品
--------------------

日本タイポグラフィ年鑑2004 ロゴタイプシンボルマーク部門「ベストワーク賞」 受賞
2005.4
美術館、大阪府立現代美術センターのビエンナーレ展「吉原治良賞美術コンクール展」のためのロゴタイプ
作品 賞状 
--------------------
日本タイポグラフィ年鑑2005 グラフィック社から発売
2005.04
今回の装丁は杉崎真之助が担当。タイポグラフィデザインを中心にしたオトナの年鑑です。
16,000円(税別)
年鑑 グラフィック社
--------------------
シアターBRAVA! 5月オープン
2005.04
演劇をはじめダンスやコンサートなど舞台芸術全般を対象とした劇場「シアター BRAVA!」がまもなOBPに誕生。こけら落とし公演は「ナイン THE MUSICAL」。ロゴなどのVIを杉崎真之助がデザインしました。
ロゴタイプ  ポスター 劇場
--------------------
桜をテーマにふたつの展覧会を開催
2005.03
酒器・酒盃台&屏風展「さくら、酔う」
2005.03.30水〜04.03日
伊丹市立工芸センター
杉崎真之助などグラフィックデザイナー6人が日本の伝統工芸、酒器や屏風を手がけました。
美グラフィックエキシビジョン「さくら、舞う」
2005.04.08金〜10日 11:00〜19:00
太融寺 大阪市北区太融寺町3-7
杉崎真之助などグラフィックデザイナー6人が制作した屏風&掛け軸を太融寺に展示。
08日金18:30より能管篠笛の阿部慶子さんをゲストにオープニングパーティを開催します。
--------------------
展覧会「アノニマ」(大阪・番画廊)終了
2005.1
「アノニマ」は、杉崎真之助が独自のデザインシステムをブランドとしてとらえたプロジェクト。1月17日から22日までの1週間、大阪・番画廊にて展覧会形式で発表し、 約500名の皆さまにご来場いただきました。会場写真をアップしています。
アノニマサイト
--------------------
「展覧会で綴るサントリーミュージアム[天保山]の10年」発刊
2005.1
世界的なポスターコレクションを誇る美術館の10周年記念誌。開館からの催しの紹介とともに一連の告知ポスターが記載されています。杉崎真之助は2000年「マッキントッシュとグラスゴー・スタイル」、2003年「バルビゾン派から印象派」を担当し ました。
表紙  ポスター1  ポスター2
--------------------
20周年記念誌「クリエイションギャラリーG8・1985→2005」発刊
2005.1
日本のデザインやイラストレーションに大きな影響を与え続けてきたクリエイション ギャラリーG8の開設20周年記念誌。1997年に開催された「ピクセルスケープ 杉崎真之助デザイン展」の作品とコメントが掲載されています。
表紙 展覧会
--------------------
チェコの年賀状展示会「POUR FELICITER 2005」に参加
2005.12
世界の有名なデザイナー達による年賀状の展示会に杉崎真之助も参加。展示された年賀状はMoravian Gallery グラフィックデザインのコレクションとして保管されます。
2005.01.20木〜02.28金 チェコ共和国 ブルノMoravian Gallery
--------------------

展覧会「アノニマ」杉崎真之助クリエイティブスタディ
2004.12
杉崎真之助が独自のデザインシステムをブランドとしてとらえた展覧会を行います。
2005.01.17月〜22土 11:00〜19:00(最終日〜17:00) 番画廊
オープニングパーティ:初日18:00より
アノニマサイト 地図

--------------------
270人のクリエイターによるオリジナルジーンズ展「Jeans Shop Ginza」に出品
2004.12
毎年恒例のG8チャリティ展覧会。ギャラリー開設20周年記念となる今年のテーマはジーンズで、国内外の作家約300名が参加します。杉崎真之助が出品したジーンズ は、右足の前から左回りに派手から地味まで、気分に合わせて楽しめるデザイン。25,000円で販売されます。
2005.01.11火〜02.04金 11:00〜19:00 クリエイションギャラリーG8
出品作品
地図
--------------------
アフガンの子供を救うキャンペーン「PEACE」缶バッチ出品
2004.12
杉崎真之助など各界のデザイナーと大阪成蹊大学の学生が缶バッチを制作して 展示即売。売上収益はアフガニスタンの子供たちに義援金として送られます。
2005. 1.5水〜13木 10:00〜17:30(土・日・祝休館) 平和紙業ペーパーボイス
出品作品 地図
--------------------
「IS Design Series(是没汁系列)」作品掲載
2004.12
東アジアの分野別グラフィックデザインシリーズが汕頭大学出版社から発行されました。アイデンティティ、タイポグ ラフィ、ブックデザイン、ポスター、ダイレクトメールなど全6巻。香港のカン・タイクンとフリーマン・ラウ両氏が監修し、中国や香港をはじめ東アジアのデザイナーの最新作を網羅した全集です。日本からは杉崎真之助の他に原研哉氏、三木健氏などの作品が掲載されています。
掲載書籍
--------------------
2004年香港国際ポスタートリエンナーレ展
2004.12
香港文化博物館で展覧会が開かれています。「エレメンチズム」展のために制作したグラフィック作品2シリーズが展示されているようです。
作品展示
--------------------
グラフィック社「色の和手帖」発売
2004.12
和の色をテーマにした書籍「色の和手帖」がグラフィック社より発刊。杉崎真之助の作品も掲載されています。
表紙
--------------------
2004環太平洋デザイン交流展OSAKAに出品
2004.12
日本、韓国、中国、オーストラリアの4カ国から、杉崎真之助を含む活躍中のデザイナーの作品約80点が集まりました。初日17:40より交流パーティを開催。
2004.12.17金〜20月 11:00〜18:00(最終日〜16:00)
大阪デザイン振興プラザ・デザインギャラリー(南港ATC・ITM棟10階)
--------------------
丹後ちりめんシルクストール展に出品
2004.11
杉崎真之助を含む総合デザイナー協会のメンバー15人が、丹後特産のちりめんシルクを使ったストールをデザインしました。初日18:00からオープニングパーティ。
2004.12.13月〜17金 9:00〜18:00 平和紙業ペーパーボイス
作品
--------------------
松下電器「PaNa」が「2004日本経団連推薦社内報・優秀賞」を受賞
2004.11
国内の松下電器グループを対象に配付される社内報「PaNa」。「2004日本経団連推薦社内報」コンテストにおいて、応募総数191紙誌の中から月刊誌部門で最高得点を得て、昨年に続き「優秀賞」に選ばれました。
--------------------
Hung Lam TV
2004.11
「エレメンチズム2」で杉崎真之助とコラボレートした香港デザイナー、ホン・ラムがこの春来日した時の活動を香港のTVクルーが密着取材。若手クリエイターたちの特集番組として、10月に香港でON AIRされました。
香港電台ホームページ
--------------------
「タイポグラフィワークブック」アメリカ・ロックポート社から発売
2004.11
Timothy Samara著、Rockport社刊。Typography Workbook。 タイポグラフィをさまざまな側面からとらえた書籍。 日本からは佐藤卓さん、北川一成さん、杉崎真之助の作品が掲載されています。 
表紙
--------------------
第3届寧波国際海報双年展2004に入選しました
2004.11
中国寧波の国際グラフィックデザイン展に杉崎真之助の作品 「Elementism, Creative Studies」と「Mr. Weird」が入選しました。
作品
--------------------
「OSAKA未来のれん」展覧会出品
2004.11
商いの街大阪・MINAMIの老舗12社が参加するパッケージデザインの展覧会 「OSAKA未来のれん」に、杉崎真之助が「みにてら」を出品しました。
2004.11.02火〜07日 11:00〜19:00 ソニータワー1Fギャラリー OSAKA未来のれん
作品
--------------------
サタデー ナイト トーク #06
KIRIMAX! キリマハルミ
2004.10
第6回目はキャラクター、グラフィック、ディレクションなど幅広く活躍中のキリマハルミさんが登場。
「デザインの創造原理を例えるならば、それは水のようなもの」と語るキリマハルミさんのデザイン&デザインのヒミツを紹介していただきました。
2004.10.30土 17:30〜19:30 都住創センター
Saturday Night Talk
--------------------

「富田林寺内町フェスタ」のロゴを制作しました
2004.10
古い町並みを残す富田林の寺内町。「富田林寺内町をまもり・そだてる会」の10周年記念イベント「寺内町フェスタ」の開催にあたり、新しいまちづくりをイメージしたロゴを制作しました。
2004.10.10日・11祝 富田林寺内町 寺内町フェスタ
作品
--------------------
島津製作所IRシリーズ広告が日経広告賞受賞
2004.10
経済専門紙の日経金融新聞で投資家を主な対象としてシリーズ展開中のインフォマーシャル広告。「日経金融新聞広告賞 優秀賞」を獲得しました。
作品
--------------------
サタデーナイトトーク#05
松田ゆうきが考えるデザイン〜アンドゥトロワ

2004.08
第5回目は、グラフィックからインタラクティブメディア、タイプフェイスデザインまで天才的な才能を発揮。注目の美女クリエイター、松田ゆうきさんが登場。第一部「タイポグラフィ考」、第二部「WEBデザインとGデザイナーの在り方考」で、盛り上がりました。
2004.08.07土 9:00〜21:00 都住創センター
Saturday Night Talk #5トーク
--------------------
サイトの作品ページが大幅に更新されました
2004.08
2004年前半に新しく制作された仕事を追加しました。また、過去の作品も追加。特に80年代のリストが追加されました
Work
--------------------
詩とタイポグラフィのコラボレーション展覧会「犬によくある名前」

2004.07
大阪の地下街・クリスタ長堀・西側のサテスタ広場からフィッシュ広場の柱にグラフィックデザイナー24人のオリジナルポスターを展示、8月14日(土)まで。
ライブ&トークパーティ「あなたとわたしの間に」8月1日(日)15時からサテスタ広場で。
出品作品
--------------------
日経金融新聞IRインフォマーシャルシリーズを制作
2004.06
日経金融新聞広告賞最高賞を受賞した三菱ウェルファーマに続き、フジオフード、島津製作所のシリーズを制作。企業の投資家に向けた情報提供の新しいスタイルが注目されています。
三菱ウェルファーマ  フジオフード  島津製作所
--------------------
香港のデザイン誌、Xプレスマガジン「エレメンチズム2」記事掲載
香港デザイナー協会が発行。2004年1月香港での「エレメンチズム2」発売記念トークの様子が紹介されました。ホンラム氏の紹介や杉崎真之助のエッセイなど。
誌面 記事
--------------------
2004年香港国際ポスタートリエンナーレに入選
2004.06
香港のポスター国際展に「エレメンチズム」展のために制作したグラフィック作品2シリーズが選ばれました。展覧会は11月に香港文化博物館で開かれる予定です。
作品1  作品2
--------------------
エレメンチズム「ミニブック」「エレメンチズム2」を限定販売

2004.05
大阪番画廊で発表した「エレメンチズム」展の作品をまとめた「ミニブック」。香港のHung Lam氏とのコラボレーションによるデザイン書「エレメンチズム 2」。
ミニブック  エレメンチズム2 お問合せ
--------------------
Niagara Shinn「Guitar Blue」音源をアップしました
2004.05
3月に平和紙業ペーパーボイスギャラリーの展覧会で販売された限定版CD。
一部で話題になった杉崎真之助の隠された音楽的側面。
聞く1  聞く2  聞く3  聞く4  CDジャケット ポスター お問合せ
--------------------
オオサカシックス展イン香港 巡回展
2004.05
香港のC O 1 School of Visual Artsで巡回展を開催 2004.06.09まで
School of Visual Arts
--------------------
愛知県優秀広告作品展「プリント媒体優秀作品賞」受賞
2004.05
昨年名古屋の地下鉄一両編成マルチで展開し、市民の話題をさらったキャンペーン。中部電力の携帯メールサービス「ポケッチュ」キャンペーンB3ワイド6枚組。高田雄吉氏と杉崎真之助のコラボレーション。高田氏デザインのロゴタイプ もプリント媒体部門賞受賞。
作品

--------------------
日本タイポグラフィ年鑑2004 ビジュアルアイデンディディ部門「ベストワーク賞」 受賞
2004.4
医療チームのイニシャルBとTをフェイスマークに表現したユニークなロゴが評価され た。
作品  賞状
--------------------
サタデーナイトトーク#04
「 KAZAAAP! 」カズ・オオモリの世界 〜ライブ制作公開
2004.05
アメリカ/ミネアポリス、NYでの活動を経て帰国後、広告、出版、映像/アニメーションなど様々なステージで活躍する カズ・オオモリの作品、仕事を紹介いたします。ライブでメイキング現場公開!! 秘蔵、輸入向けアニメの映像も公開予定。ライブの後はバータイムディスカッションを楽しみましょう。
2004.05.22土 19:00−21:00
Saturday Night Talk
--------------------
にぎわい考現学 5 空堀(谷町六丁目周辺)視察
2004.05.21
NPOや住民主体の街づくりで注目される空堀(谷町六丁目周辺)
にぎわい考現学
--------------------
エレメンチズム「ミニブック」が第21回ブルノ国際グラフィックデザインビエ ンナ ーレ入選

2004.04
作品  
--------------------
エンターテイメントグラフィック展「さくら唄う」

2004.03
グラフィックデザイナー6人によるポスターとCDジャケットの展覧会です。それぞれが工夫を凝らしたオリジナル録音です。岡信吾、奥村昭夫、嶋高宏、高橋善丸、藤田隆そして杉崎真之助が参加。会場では限定版CDを1000円で販売します。初日19日は夕刻よりオープニングパーティを開催します。
2004.04.19月-30金 平和紙業ペーパーボイスギャラリー
--------------------
香港のHung Lam氏とのコラボレーション「エレメンチズム2」
出版記念イベント イン カフェモード
トーク+パーティ+インスタレーション

2004.03
大阪を中心に活動する杉崎真之助と香港のグラフィックデザイナー Hung Lamが共同制作した「elementism2」の出版記念イベントを南堀江のcafe modeで開催します。4月20日[火]19時よりHung Lamをはじめ多彩なゲストを迎えてのトーク、パーティ、インスタレーション。どうぞ皆さまお誘い合わせのうえご参加ください。
2004.04.20火 cafe mode
参加費 4,000円 elementism2 + elementism mini book付き。
書籍の冊数に限りがございますので、先着150名様とさせていただきます。
トーク 19:00より
ホン・ラム グラフィックデザイナー
杉崎真之助 グラフィックデザイナー
辻邦浩 音響デザイナー
菅谷富夫 大阪市立近代美術館建設準備室 学芸員
植木啓子 サントリーミュージアム天保山 学芸員
パーティ 20:00より
ささやかですが、お飲物などをご用意いたしております。
エレメンチズム エレメンチズム2 ダイアリー
--------------------
オオサカシックス展イン香港
2004.03
香港で現代アートを発信するビジュアルアートセンターにて、大阪で活躍するグラフィックデザイナーの6人展が開催されます。参加するのは河本文夫、杉崎真之助、高田雄吉、高橋善丸、リトウリンダ、南部俊安。04.24土にはオープニングレセプションに続いてセミナーも実施される予定です。
2004.04.24土ー28水 香港ビジュアルアートセンター
--------------------
サタデーナイトデザイントーク#03
大阪の若手デザイナーをサンプル解剖する

200.03.27
少人数の勉強会ではじまったデザインナイトトークの3回目。気配りのデザイン=谷岡茂樹とデザイン精神世界=木村泰子さんのレクチャー。
Saturday Night Talk
--------------------

香港のHung Lam氏とデザインコラボレーション「エレメンチズム2」発売記念トーク

2004.01
「エレメンチズム2」は、香港の気鋭デザイナーHung Lam氏が、真之助事務所に2ヶ月 間インターンシップで滞在した経験をもとに、杉崎真之助の作品を大阪の歴史と 風土を通して独自の視点でとらえた作品集です。
1月3日には香港キューブリック書店で出版記念トークが開催されました。会場に集まった香港の若いデザイナーたちを前に、Hung Lam氏と杉崎真之助、さらにFreeman Lau氏らも飛び入りで参加し、デザインとその書籍にまつわる対話を2時間にわたって繰り広げました。
表紙  トーク風景
--------------------
最新のジャパニーズグラフィックを収集「Japanese Graphic Now」
ドイツ・タ スチェン社から発売

2004.01
ドイツのエディターが独自に収集した膨大なグラフィック作品集の日本語版が発売されました。真之助事務所の作品、ポスター、WEB、VIなども掲載。タッシェン・ジャパン電話03-3499-4485
カタログ
--------------------

OSAKA DESIGN FORUM 第4回 開催
スタート以来盛りだくさんな内容で話題を呼んでいるOSAKA DESIGN FORUM。
今年度を締めくくる第4回フォーラムが開催されます。
2004.01
第4回オオサカデザインフォーラム
2004.02.14土 大阪産業創造館
セミナー ドリンクパーティ パネル展示
オオサカデザインフォーラム ワークショップ
2004.02.03火・04水
FUTURE from OSAKA by OSAKA DESIGN FORUM
ミラノ Macef 2004.01.30金ー02.02月
フランクフルト Ambiente Frankfurt 2004.02.20金ー24火
ミラノ Milano Salone 2004.04.14水ー19月

参加申込み・詳しい情報はOSAKA DESIGN FORUM公式ホームページ
OSAKA DESIGN FORUM公式ホームページ

--------------------
鈴木信輔 グラフィック展 Polyhedron
2003.12
真之助事務所の名物デザイナー+イラストレータ鈴木信輔の初めての個展。彼の頭の中に浮かんだいろいろなキャラクターから10匹がシルクスクリーンで登場。2日(火)6:00pmからオープニングパーティー。
会期2003.12.01月-12.13土 大阪・ギャラリースプーン
公式サイト ギャラリーへの地図
--------------------
白黒のポスターだけのコレクション「Black & White Poster展」に選出
2003.11
チューリッヒの美術館で展覧会が開催されます。同時にラルスミューラー出版からカタログも出版されています。
2003.10.28-2004.01.23 ドイツ・チューリッヒデザイン美術館
カタログ  掲載作品1  掲載作品2 チューリッヒデザイン美術館
--------------------
年末チャリティ企画展「Mini Mini Motor Show」に出品
2003.11
1/20スケールのMini Coperを使って、こんな車が走っていたら楽しいね、というアイデアを230人のクリエーターが展示。オリジナル一点制作25,000円で販売。収益金は日本ユニセフ協会に寄付されます。
2003.11.26水-12.25木 クリエーションギャラリーG8+ガーディアン・ガーデン
杉崎真之助作品  クリエイションギャラリーG8
--------------------
香港のホン・ラムとデザインコラボレーション
「エレメンチズム2」来年1月に発売決定
2003.11
香港の気鋭デザイナーHung Lam氏が、杉崎真之助の作品「エレメンチズム」を大阪の歴史と風土を通して、独自の視点でとらえた作品集。1月3日に香港で杉崎との記念トークを予定。 Hung Lam氏は昨年スタジオに3ヶ月間インターンシップで滞在。
作品集
--------------------
関西を中心とした装丁家の展覧会に出品
2003.12.01月-06土
大阪府立現代美術センターで「関西の装丁家展」が開催されます。関西で活躍する装丁家を俯瞰することのできるめずらしい展示会。
出品作品1  出品作品2
--------------------
韓国新羅大学校の国際デザイン展に出品
2003.12.17水-23火
戦後の政治状況のなかで独自の歴史を刻んできた韓国のデザインに今、注目しています。
出品作品1  出品作品2
--------------------
韓国釜山「第1回アジアデザインフェスティバル展」に出品
2003.10.22-26
韓国第二の都市、釜山で第一回アジアデザインフェスティバル展が開催されました。大阪からは杉崎をはじめ10人のクリエイターが参加。
--------------------
「ポケッチュ!」名古屋の地下鉄丸ごと広告キャンペーン
2003.11
名古屋ではじまる携帯メールサービス「ポケッチュ!」。暴力的な車両ジャックではなく、広告を「コミュニケーションの環境」としてとらえた、革新的な手法。名古屋で大きな話題に。杉崎真之助アートディレクション、ロゴデザインは高田雄吉氏。
作品
--------------------
松下電器「PaNa」が2003日本経団連推薦社内報の「優秀賞」に選定
2003.10
松下電器の社内誌。各部門で高得点を獲得した「総合賞」のうち最高得点のものが「優秀賞」。
前身「松風」は「総合賞」を33年連続受賞。2000年「優秀賞」を受賞。
表紙
--------------------
三菱ウェルファーマのシリーズ広告が日経広告賞を受賞
2003.10
日経金融新聞紙上で月4回1年にわたり展開してきた、投資家を主な対象としたインフォマーシャルが評価され「日経金融新聞広告賞最高賞」を獲得しました。
作品
--------------------
IMI大学院スクール グローバ・アン・リズム展に参加
2003.10
10月18日、大阪千里にあるIMI大学院スクールにおいて、学生らと日本タイポグラフィ協会会員による、コラボレーション展とトークセッションが開催されました。Glocalismをテーマにポスターとデザインの意味と力量を問う、プロと学生のバトルが展開。
出展作品 コメント
--------------------
AGI新会員の作品集「国際平面設計連盟新会員」が発行されました
2003.10
世界で最も権威のあるといわれているグラフィックデザイナーのクラブAGI(国際グラフィック連盟)。杉崎真之助をはじめ、2001、2002年に入会を許された世界各国の新会員の作品が紹介されています。
掲載作品ページ
--------------------
日本タイポグラフィ協会の情報誌に原稿掲載
2003.10
Typographics Ti: 232号にエッセイが掲載されました。
エッセイ
--------------------
OSAKA DESIGN FORUM 第3回 開催
好評だった第2回に続いて、さらに充実した内容で第3回フォーラムが開催されます。
第3回オオサカデザインフォーラム
2003.11.01土 大阪市中央公会堂
オオサカデザインフォーラム パーティ
2003.11.01土 帝国ホテル 大阪
オオサカデザインフォーラム ワークショップ
2003.10.30木・31金 
特別展 MAGISとデザイナーたち
2003.10.29水ー11.03祝 OAPタワー38階スカイプラザ 
オオサカデザインフォーラム 企画展
2003.10.28火ー11.03祝 クリスタ長堀滝の広場 
申し込み OSAKA DESIGN FORUM公式ホームページ
--------------------
2003トルナバポスタートリエンナーレ展に入選
2003.09
展示される作品は、サントリーミュージアム天保山「マッキントッシュとグラスゴースタイル」、出版記念パーティポスター、エレメンチズム展の3点。展覧会は09.04−11.23 トルナバ(スロバキア)で。
作品1  作品2  作品3  証書 美術館
--------------------
杉崎真之助 作品集 廣西美術出版社刊
2003.09
3年前に北京で色校正を確認後行方不明だった幻の杉崎真之助作品集。やっと入手しました。
140ページ/カラー/A5版。
作品集  お問い合わせ
--------------------
世界のグラフィックデザイナーが自選した作品集「ファーストチョイス」発売開始。
2003.08
オーストラリアのケン・ケイトー氏が編集。123名の著名グラフィックデザイナーが参加。日本版はグラフィック社刊。
表紙 杉崎真之助ページ
--------------------
ICOGRADA(国際グラフィックデザイン協会連盟)のWEBサイトに作品掲載
2003.08.11ー17
icigradaホームページ
--------------------
オオサカデザインフォーラム ワークショップ 「参加型 体験トーク」
2003.07
扇町インキュベーションプラザで行われた杉崎真之助担当クラスのご報告です。
報告 内容
--------------------
OSAKA DESIGN FORUM 第2回 開催
好評を博した第1回に引き続き、第2回フォーラムが開催されます。
第2回オオサカデザインフォーラム
2003.07.24木 大阪市中央公会堂
オオサカデザインフォーラム パーティ
2003.07.24木 ザ・リッツカールトンホテル大阪
オオサカデザインフォーラム ワークショップ
2003.07.22火・23水 杉崎真之助も講師のひとりとしてグラフィックデザインのクラスを担当。
申し込み OSAKA DESIGN FORUM公式ホームページ
--------------------
水都大阪 グラフィック展 平和紙業ペーパーボイス
2003.06.23月−27金
水の恵みのみずみずしい都市として発展してきた大阪。その賑わいや美しさを取り戻そうと、水都再生をメッセージする展覧会です。都心部を流れる「水の回廊」の乗船会を通して新たに発見した大阪の魅力を小さな舟の形に表現しました。
2003.06.23月 18:00よりオープニングパーティ
2003.07.07月 関連イベント 大阪天満宮の星合の池 星愛七夕まつり
展示作品
--------------------
6人のデザイナーによるポスター「さくら展」京都2箇所で開催
岡信吾、奥村昭夫、嶋高宏、杉崎真之助、高橋善丸、三木健がそれぞれ三種類の紙を使って「わたしにとってのさくら」を表現。
2003.06.09月−22日 大阪成蹊大学芸術学部総合芸術センター・スペースB
06.21土 13:30−15:30 公開講座 グラフィックデザイナーの発想
06.21土 15:40−17:00 レセプションパーティ
2003.07.01火−06日 アートライフ・みつはし
07.05土 17:00 パーティ
展示作品 大阪成蹊大学芸術学部
--------------------
ポスターが第14回ラハティポスタービエンナーレに入選
2003.06
入選作品は、サントリーミュージアム天保山「マッキントッシュとグラスゴースタイル」。
展覧会は06.08−09.14 ラハティポスター美術館(フィンランド)
作品 美術館
--------------------
第7回ポスタートリエンナーレトヤマ 第1次審査で入選
2003.05
モリサワフォントポスターが入選しました。展覧会は8月1日から富山県立近代美術館で開催されます。
作品
--------------------
バルビゾン派から印象派 サントリーミュージアム天保山 
2003.05.24土-07.06日
展覧会ではボルティモア美術館の所蔵品の中から厳選された100点によりバルビゾン派から印象派までの流れを紹介。2枚シリーズのポスターなどを真之助事務所が担当しました。期間中ギャラリーナイトクルーズなどいろいろなイベントも開催されます。
作品 サントリーミュージアム天保山
--------------------
OSAKA DESIGN FORUM
2003.05.24土
デザインをキーワードに大阪から世界市場へ、企業ブランドを構築しようとするフォーラムです。
第1回オオサカデザインフォーラム
大阪市中央公会堂 1階大ホール 参加費 一般2,000円 学生1,000円
OSAKA DESIGN FORUM 開催記念パーティ
19:00−21:00 リーガロイヤルホテル大阪 メインラウンジ 会費 10,000円
OSAKA DESIGN FORUM公式ホームページ
--------------------
日本タイポグラフィ年鑑2003「ベストワーク賞」受賞
2002.4
「早川良雄の時代−デザイン都市・大阪の軌跡」の図録が エディトリアル部門ベストワーク賞を受賞。
年鑑には他にも多くの作品が掲載されています。
作品 賞状
--------------------
サタデーナイトデザイントーク#02 香港デザインと大阪デザイン
2003.03.29
極々少人数の研究会。今回は女性の視点で。大阪若手女性デザイナーの逸材、祐成美 代子さんのお仕事トークと築山万里子さんの香港デザイン交流旅行の報告。
Design Talk
--------------------
グラフィックデザイナー50人以上が参加「水都大阪乗船会」
2003.03.25
川からの視点で都市の風景を眺めることで大阪を新しくとらえなおすというコンセプトで、堂島川、木津川、道頓堀川、東横堀川と水の回廊を一周。「デザイナーの視点−オオサカビジョン」として6月には展覧会などを予定しています。
乗船会
--------------------
NHKハート展に出品
2003.03.25火-30日 日本橋三越をはじめ千葉、金沢、函館、徳島、熊本に巡回予定。障害のある人が日常生活のなかで感じたことを詩につづり、それをハートをモチーフにデザイナーをはじめいろんな分野のクリエイターが表現した展覧会に出品しました。
出品作品
--------------------
ホームページを大幅にリニューアルしました
2003.02
ホームページを大幅にリニューアルしました。情報を簡潔に整理することで、わかりやすいサイトにしました。過去の作品のみならず、これからのデザインに関する考え方や、提案を掲載していきますので、どうぞよろしくお願いします。
以下、英語が嫌いな人のために主な日本語ページリンクです。
Work---作品集 新しいものから過去のものまで主だった作品のデータベース。
Studio---スタジオ紹介 デザインの考え方やスタジオの概要などを紹介しています。
Biography---経歴活動 杉崎真之助に関する現在までの情報を掲載しています。
Exhibition---展覧会 開催された個展をご覧いただけます。
Archives ---資料室 文書を中心に過去の資料を集めたページです。
求人情報---現在デザイナー、研修スタッフの募集情報を掲載中です。
--------------------
最新情報ページもSuperInkとしてリニューアル
あなたがいま来ているページのことですね。背景色もド派手なイエローになったことだし、公式ページという重圧がとれて、今後杉崎のより自由な発言の場にもなるでしょうか。Super Ink(Super Link? Rink? Ink? Inc?)デザインの局地的情報サイトを目指していきますので、
よろしくお願いいたします。
--------------------
あの伝説の「形状シリーズ 早川良雄展「形状X」卓上の風景
2003.02.10月-22土
日本のグラフィックデザインの創世記を歩まれた早川良雄先生の展覧会が大阪で開かれています。あの伝説の「形状シリーズ」の新作です。80歳を越えてますます表現がさえるすばらしい作品のなかに、20世紀後半、関西の風土の中でつちかわれてきた創造性の共通項の原点を感じます。
--------------------
大阪市立美術館でクールベ展が開催されます
2003.01.10金02.16日
フランス19世紀を代表する写実主義の画家クールベの展覧会。ポスターなど告知関連のデザインを担当しました。
ポスター
--------------------

株式会社モリサワのWEBサイトのリニューアルデザインが完成
2003.01
WEB全体のアートディレクションとデザインを担当しました。キューブ型のトップページを正面にして、回転させるとフォント、ミュージアムのページが現れます。
WEBサイト
  ニュースリリース
--------------------

第44回全国カタログ・ポスター展「経済産業省商務情報政策局長賞」受賞
2002.12
「早川良雄の時代−デザイン都市・大阪の軌跡」の図録がカタログ部門第2位の賞を受賞しました。
作品
--------------------

Designer Match Brand 展
2002.12.19木-21土
燐寸ブランドを競った第一世代、広告媒体としての第二世代。さて次世代のメディアとしての燐寸は?
杉崎真之助をふくむ10人のデザイナーによる燐寸ラベル展。
出品作  www.match.jp
--------------------

よみがえれ法善寺横丁 グラフィック展
法善寺界隈工事仮囲い壁面展示 2002.12.01日から平和紙業ペーパーボイスギャラリー2002.12.4火−27金旧中座の爆発事故によって大きな被害を受けまた法善寺横丁を応援するために、歴史ある法善寺横丁の情緒豊かな佇まい、どこか懐かしいあの雰囲気をグラフィック表現して掲示する展覧会をデザイン団体JAGDA大阪が企画。
作品 DM 平和紙業ペーパーボイスギャラリー
--------------------

年末チャリティ企画展 オリジナル和凧展に出品
クリエーションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン2002/11/26火-12/20金
今回はオリジナルの凧。会期中会場で15,000円で販売。1点オリジナル物。
出品した和凧
クリエーションギャラリーG8
--------------------

OSAKA MUSE展
2002.11.22金−7水 大阪市中央公会堂
復活した中央公会堂で大阪を代表する新進気鋭のイラストレーターカズ・オオモリをフィーチャーした展覧会です。11.26火18時に本人が会場に登場の予定。流行におぼれないアメリカ仕込みの骨太さをもっていると思っています。コンセプトビデオを見ていて失われた「もう一つの大阪の未来」を感じました。
--------------------

Lam Hung 氏さよなら会
2002/10/25
9、10月2ヶ月間、事務所にやって来たHung氏。彼はグラフィックデザイナーの修行僧でした。のわりには、連夜ミナミに出没して大阪の文化と人を肌で経験。来年1月に杉崎の作品を分析した研究書?が完成予定。楽しみです。いまごろ香港で新婚生活ですね。
Diary Swatch
--------------------

香港のデザイン賞メディアグラフィックアワードに入選
2002/10
今年ATCミュー ジアムで開催された「早川良雄の時代−デザイン都市・大阪の軌跡」の図録が入選。ちなみに、まだ未発表ですがあといくつかの賞を獲得します。
作品 
賞状
--------------------

サタデーナイトデザイントーク#01
09/28/2002
今回は杉崎真之助の仕事をネタに日本語/英語/広東語?でデザイントークしましょう!というコンセプトで極々少人数での一回目。ゲスト:Hung(インターンシップfrom香港)のデザイントーク、飛び入り君のデザインなどなど。これから定期的にやっていきたいと思っています。
Design Talk
--------------------

札幌ADC審査委員ではじめての北海道体験
9/15/2002
東京から副田高行、松下計、渡邊良枝、服部一成各氏、大阪から杉崎真之助が参加。
第一印象、いい天気、街が広い奇麗、料理旨い、美人多い。審査方法もシステマチックで気持ちがいい。何事も経済のせいにしてやる気のない大阪に対して札幌は東京を追うのではないしローカル主義でもないある種グローバルな感覚を感じた。人の関係においてちょうどいいサイズの都市。
札幌ADC
  賞状
--------------------

2ヶ月の予定でHung Lamさんが事務所に滞在
09/01/2002
JAGDAを通じて若手クリエイターを対象に文化庁が実施している「芸術インターンシップ研修員制度」を利用。彼は今年の夏まで、香港のカンアンドフリーマン事務所でアートディレクターとして 活躍していました。昨年は大阪でアジアグラフィックデザイン展にも参加。デザインを本質から追及していく姿勢に共感。
Diary Swatch
--------------------

事務所に研修で2週間滞在した大学院生、森啓子さんの研修作品をご紹介
08/31/2002
Unit to Pattern
--------------------
にぎわい考現学 4 本町界隈視察
08/06/2002
にぎわい考現学
--------------------

早川良雄の時代−デザイン都市・大阪の軌跡 ATCミュージアム
06/01土−07/07日/2002
今回カタログを担当。編集作業で多くの作品に直接出会う。先生の作品は戦後のグラ フィックデザインの原石であると確信。ご本人との会話のなかで、自由な発想をもち つつ理性的なバランス感覚を感じ感銘を受けました。カタログは256ページ、約250点 の作品が掲載されて2000円(予定)。かなりお買い得です!ぎりぎりのところで抑 えたブックデザインもご期待ください。
図録
--------------------

杉崎真之助がAGI会員に登録されました
04/2002
北米、欧州を中心に20数カ国、会員数約300人の国際的グラフィックデザイナーのクラブ。本部はチューリッヒ。
AGI
--------------------

ポスターが第20回ブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレに入選
03/18/2002
作品は、サントリーミュージアム天保山「マッキントッシュとグラスゴースタイ ル」とモリサワMOTSギャラリー「タイポグラフィ2001」のふたつ。 展覧会は6月18日 からthe Moravian Gallery で International Icograda Brno 2002 Conferenceと同時開催。
マッキントッシュとグラスゴースタイル
タイポグラフィ2001
--------------------

エレメンチズム 杉崎真之助デザインスタディ展 デザイントークで終了 
01/26/2002
ギャラリー地下ブックセラーアムズへ雨の中、たくさんの人にお越しいただきまし た。ちょっとお酒を飲んだシマダ氏、優しいトーク美術評論家菅谷氏、そして杉崎の違った個性3人。盛り上がったような盛り上がらないような(笑)2時間でした。
デザイントーク
エレメンチズム個展サイト
--------------------

エレメンチズム 杉崎真之助 デザイン・スタディ展 オープニングカクテル開催 
01/21/2002
会場のスナップをアップ。来ていただいた方もそうでない方もご覧ください。作品公開も開始。
会場スナップ
--------------------

エレメンチズム 杉崎真之助 デザイン・スタディ展 準備完了(間近)か??
01/18/2002
今回はグラフィックアートとして作品に定着しました。だから作品に価格がついています。版画、アクリルグッズ、ミニブック(会場特別 価格1000円)の販売もします。ミニブックは木曜入稿して月曜パーティに間に合わすという、超タイトなスケジュール。できたてホヤホヤ超新鮮。ありがとうございました、アサヒ精版マリさん。アクリルグッズにいたっては日曜〜月曜シルク印刷>搬入というめちゃな進行。この会社なくして大阪のデザイン展は不可能の大塚孔版さんともいま最後の踏張です。今回の展覧会、シリアスそうでいて、ちょっとだけおちゃめです。
--------------------

エレメンチズム 杉崎真之助 デザイン・スタディ展 大阪・番画廊
01/21月−26土/2002
11AM−7PM 26土は6PMまで  1/21月・6PMよりオープニングパーティを行います。
日常の仕事の中で派生的に生まれてくる発想とカタチを元に、もう一度個人に戻ってキーボードとマウスで手作業を楽しんでみたものです。明日のデザインのためのトレ ーニングをお見せします。杉崎真之助
--------------------

個展関連イベント デザイントーク
1/26土・6PMより
要予約・無料 ブックセラーアムズ 大江ビルB1(ギャラリー地階)
ゲスト:杉崎真之助、シマダタモツ(グラフィックデザイナー)司会:菅谷富夫(美術評論家)
ご希望の方はブックセラーアムズまでご予約ください
メールアドレスamus@interform.co.jp
--------------------

おめん展に出品 ダブルクロックデザインギャラリー
12/04火-12/28金/2001
出品作品
--------------------

年末チャリティ企画展 ハッピーアンブレラ200に出品 クリエーションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン
11/27火-12/26水/2001
今回はオリジナルの傘。会期中会場で一本13,000円で予約販売。
出品作品
--------------------

30cmX30cm展に出品 平和紙業ペーパーボイス(大阪)
11/26月-12/06木/2001
出品作品
--------------------

京都造形芸術大学で講義
11/16/2001
今回はワークショップ形式でちょっとしたデザインの本質を体験する実験
第一回講議
第二回講議
--------------------

アジアのグラフィックデザイン展 クリエイティブディレクションを担当
OCATホール 05/18-05/27/2001 11:00am-8:00pm 入場無料
大阪、プサン、上海、香港、マカオの新進デザイナー20名がオリジナルポスターで競作。大阪からはカズ・オオモリ、キリマ・ハルミ、シマダ・タモツ、松田 ゆうき、山本浩幸が参加。

難波地域一帯でもポスター展示
05/14-05/27/2001
出品デザイナーによる記念講演会
「東アジアのグラフィックデザイン、その現在」 5.17.2001 3:00pm 先着150名(OCAT5F)
ポスター
--------------------

北京他で開かれる現代ポスター展(仮称)に参加
  4/12/2001
2001年6月から7月にかけて北京市炎黄美術館ほかで巡回予定。日本のグラフィックデザイナー約30人のポスター約100点を展示予定
--------------------

ギャラリープリンツにて京都デビュー!! Chiaki*展
04/17火-04/29日/2001
この2年間に大阪で発表してきたセルフポートレイト作品を初めて京都で展示します。
Chiaki*
--------------------

Osaka 21展 ダブルクロックデザインギャラリー
04/17火-05/19土/2001
エプソン最新プリンターによるポスター展 初日6時からのオープニングパーティにもお越しください。
出品作品
--------------------
吉野魅惑体験フェスティバルシンボルマークを寄贈
04/03/2001
奈良県庁で音楽家の姜小青女史と知事にテーマ音楽CDとシンボルマーク贈呈。女史は坂本龍一さんとラストエンペラーやサントリーウーロン茶などで著名な北京美人です。
作品
--------------------

真之助事務所、謎のスタッフChaki*の公式サイト公開
03/20/2001
グラフィックデザイナーでありセルフポートレート作家としても昨年・CREAMROOM個展「Chiaki*」や
今年・現代美術センター「Photography 写 る/写す【後期展】7人の現代作家」に参加した。
Chiaki*
--------------------

オリンピック招致ポスターを制作
03/09/2001
「真之助事務所はCIDと共同で、オリンピック招致の統一したイメージをアピールする ためのポスターを制作しました。炎−情熱、人−活気、水-環境を表現しています。デザイン・杉崎真之助+高田雄吉
ポスター
--------------------

Just One Color B0 Poster展 平和紙業ペーパーボイス
3/6火-3/16金
シルク印刷では関西を代表する大塚孔版のB0プリント機を使った一色だけの大判ポス ター展。
出品作品
--------------------

現代美術センター企画展「Photography 写 る/写す【後期展】7人の現代作家」
02/09金-02/22木/2001
いま最も注目される若手写真家数名の最新作を紹介し、現在の、そしてこれからの写真のあり方について考える。
出品作家/浅田暢夫、荒蒔綾子、奥野千明、勝又邦彦、澤田知子、辰巳卓也、山中葵
--------------------

モリサワタイポグラフィスペースMOTS企画展
01/16火-02/28木/2001
「12人のポスター展 タイポグラフィ2001」21世紀のイマジンというテーマで東京、大阪のデザイナー12人がポスターを競作。大阪からは杉崎真之助、高橋善丸、シマダタモツ、NY滞在中のカズオオモリの4人が参加。
MOTS  出品作品
--------------------

KID DREAM 2008 サントリーミュージアム天保山にポスター制作で参加
01/01祝-01/06土/2001
子供たちの思いを40人のデザイナーポスターなどに表現。年末にプレオープンイベント。1月6日には子供たちとの交流会が予定されています。
--------------------

IGD2000中国・北京国際グラフィックデザイン展覧会
12/13水-17日/2000
北京の国際貿易センターで開かれる中国最大のデザイン展で作品展示とセミナーに参加。
--------------------

にぎわい考現学 3 谷町ギャラリー界隈視察
12/01/2000
にぎわい考現学
--------------------

年末チャリティ第10回記念企画 21世紀を刻む−330人の腕時計展「Watch 2001
クリエーションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン 11/28火-12/22金/2000
杉崎真之助は今年で3回目の参加です。今回はオリジナルの腕時計。30個限定。初日11amより先着順で販売。 ただし即日で買えるのは3個までです。
出品作品
--------------------

作品拝見会+デザイナー募集
11/01/2000
真之助事務所では一緒に仕事をする仲間を募集中。合わせて作品拝見会も予定しています。お速めに連絡ください。
--------------------

京都造形芸術大学でJAGDAワンデースクールに参加
10/28/2000
杉崎ほか関西のデザイナー4名でトークショーを開催。雨にもかかわらず多数の学生が詰めかけ、和やかな雰囲気の半日でした。
--------------------

クリームルーム ジ・エンド展+パーティ
10/27/2000
1999年5月のオープン以来、様々な活動を続けてきたクリームルームは、10月27日のジ・エンドパーティでクローズしました。 1年半の活動期間中に開催した展覧会、全28回。 来場者も延べ5000人を超えるなど、大阪の若手グラフィック界を中心に、数々の話題を残しました。メモリアルキット製作のために集まった寄付金は282.243円と600ルピー。若干残ったメモリアルキットは犬TTにて配付します。メモリアルwebも近日アップ予定ですので、
ぜひご覧ください。
メモリアルキット
--------------------

オリンピック招致サブグラフィックを制作
10/10/2000
真之助事務所はCIDと共同で、オリンピック招致公式エンブレムとともにさまざまな広報媒体に使用し、統一した大阪のイメージをアピールするためのサブグラフィックを制作しました。
エレメントには炎−情熱、人−活気、水-環境があり、全体でスポーツパラダイスを表現しています。アートディレクションは杉崎真之助、デザインは高田雄吉。開催都市の決定のための立候補ファイルも杉崎真之助が中心となり現在このチームでデザインを制作しています。
サブグラフィック
--------------------
マッキントッシュとグラスゴー展 サントリーミュージアム天保山
09/15祝-11/05日/2000
ポスター、会場サインを杉崎真之助が担当。ポスターはミュージアムショップで800円で売っています。
ほしい人はぜひ買ってくださいね。
ポスターのビジュアルは彼の作品に見られる独特の書体がモチーフです。筆跡が人のパーソナリティを象徴するように、そのタイポグラフィが作品群とは違ったもう一つのマッキントッシュ像を伝えるのではないかと考えました。
ポスター
--------------------

大阪芸術大学デザイン科卒業の5人による展覧会 5 Designers 2000展
09/25月-10/01日/2000
トーク 09/29金 1400-
荒木志華乃 杉崎真之助 高田雄吉 高橋篤 高橋善丸
--------------------

トルナバポスタートリエンナーレ
09/15/2000
以前大阪オリンピック招致を応援するための展覧会のために制作したポスターが2点仮入選で展覧会展示。
パーティの招待状が届きましたが、金賞でもとらないとスロバキアは遠い。
--------------------

香港VQマガジンに作品寄稿
08/16/2000
香港のグラフィックデザイナートミーリー氏が発行するビジュアル誌。創刊号のテー マはゲーム。杉崎真之助は「オリエントゲーム」を担当。 内緒の作品公開(意味? 2008オリンピックの立候補都市に大阪が選ばれますようにということです。北京の方 は作品を180度回転させて見てください。)
掲載作品  VQマガジン
--------------------
上海-大阪2000 大阪展 ATCデザインギャラリー
07/25火-08/18金/2000
上海展では3日で3000人が入場。
オープニングパーティ 07/27木 18:00から。心理的にはチョット遠いですけどぜひご参加ください。
--------------------

熱い金曜日!!! 
06/30金/2000
パーティが重なっちゃいましたが、どちらも必須イベント。天王寺>江戸堀、大移動 で盛り上がりましょう。
06/13-06/30金/2000 1800〜 レックスギャラリー
H(アッシュ)なアート展 クロージングパーティ
1900〜 クリームルーム  CONVENI(コンビニ)展 パーティ
--------------------

Shin on the web iMODE版
06/13/2000
とりあえず事務所ロケーション+メンバーの連絡リンクだけですがおヒマならiMODE携帯でアクセスしてみてください。
--------------------

トヤマADC賞で審査員
5/27/00
副田さん、菊竹さん、山田英二さん、九州の友枝さんなど個性豊かな審査員。
前年度グランプリのはせがわさん、近代美術館の片岸さんが加わって熱のある審査を展開。何よりも富山ADCメンバーの気持ちの良いサポートと問題点をしなやかに解決していく姿勢に接することができて、すっかり富山のファンになってしまった。
お土産の小林商店の鱒鮨はウマイ。
--------------------

FunFan扇子展に作品を出品 
06/19-07/08/2000
ダブルクロックデザインギャラリー 
--------------------

中国のデザイン誌に記事掲載
04/20/2000
包装と設計 2号 海外設計士作品 日本杉崎真之助的平面設計。
--------------------

2000-01年度 有限会社真之助事務所「新経営方針」概要発表
●コマンドA 情報デザイン推進 ---ネット指向 デザイン指向 知恵と感覚
●コマンドB ITオフィス完了 ---linuxサーバ デザインデジタルアーカイブ 新ブランドXXX.com
●コマンドC 杉崎真之助クラシック 新規プロジェクト立上げ
●コマンドD スタッフ 強化/新規募集
--------------------

第6回ポスタービエンナーレトヤマ
04/14/2000
Pixelscape、2008オリンピックの2つのポスターが第1次審査で入選。賞決定の第2次審査は8月。
--------------------

H(アッシュ)なアート展at CREAMROOM+REX GALLERY
CREAMROOMでサントリーの全く新しいアルコールドリンク「H(アッシュ)」の新発売を記念したアート展を開催。
121人の参加者のボトルアート作品、261本を展示。 続いてのREXギャラリーはオリジナルポスターを加えたヴァージョンアップ展覧会
飲み放題?オープニングパーティ 05/09/2000 7:00PMから  CREAMROOM+犬TT <終了しました
飲み放題?クロージングパーティ 06/30/2000 7:00PMから  REX GALLERY
--------------------

京都造形芸術大学で授業担当
04/12/00
杉崎真之助が5年ぶりに大学でデザインの授業をする。「 時間の段取りが大変だけど、科目の情報デザインは最近私の第一キーワード。 今後インターネットを通じて授業を公開しながら進める、というのを考えている。」
--------------------

W-Clock展
04/25-05/20/2000
ダブルクロックデザインギャラリー
--------------------

チアキ展 at CREAMROOM
02/08/-02/18/2000
真之助事務所の謎の女性デザイナー--奥野チアキの初めての展覧会。実は彼女は天然のセルフポートレート作家だった。
--------------------

上海-大阪デザイン2000展に参加
01/21-01/23/2000
中国/上海 上海書城・7階 会展中心   大阪から5名が参加。上海人は大阪の5倍オオサカでした。報告ページ立上げ予定。
--------------------

2000年 全国カレンダー展にANA全日空カレンダーが入賞
工業技術院長賞と日本貿易振興会賞。
--------------------

デザインの教科書
「グラフィックデザインデザインの視点と発想3 角川書店」作品解説/メイキングを寄稿
--------------------

ニュースリリース(1999)
福田匡伸X堀尾貞治のためのポスター
都住創センター
12/23-12/28/1999
--------------------

Designers Color 2000 展
ダブルクロックデザインギャラリー
12/01-12/25/1999
--------------------

G8恒例年末チャリティ展覧会 「開運・銀座だるま祭」
クリエーションギャラリーG8
11/29-12/24/99
--------------------

エッチスケッチワンタッチ 佐藤貞夫全シゴト展 プロデュース
ダブルクロックデザインギャラリー 11/09−11/27/1999