2021.09  ACTIVITY

「字物 Type Matters タイプ・マターズ」Vol.009に、真之助デザインのインタビュー記事が掲載されました。杉崎真之助のデザインと思考、事務所のプロジェクト、王怡琴の自主制作、台日交流・文化・文字などの内容です。記事

2021_type_matters_01_w640.jpg

2021.09  ACTIVITY

杉崎真之助を含むのHKDAの受賞者46人が、Postathonというキャンペーンに参加。テーマは「Great Dreams Alive at GDA」。

GDA_shinnoske_sugisaki_rgb_w640.jpg

2021.08  PRESS

アルファブックスが発行する最新のロゴを集めた書籍に作品が掲載されました。事務所のプロジェクト4作品、王怡琴のロゴなど11作品が掲載されています。発行:アルファブックス/アルファ企画

2021_logo&mark6_01_w640.jpg

2021_logo&mark6_kkma_01_w640.jpg

2021.07  PRESS

3年目、2020年版が『コピー年鑑2020』宣伝会議と『心ゆさぶる広告コピー』パイ インターナショナルに掲載されました。
CD/C:児島令子 AD:杉崎真之助 D:王怡琴

2021_pie_copy_02w640.jpg

2021.06  PRESS

創業150周年を迎えた建設会社の企業広告が、日経新聞他に掲載されました。
工事のはじまりを想起させる大地を背景に、コピーを立ててしっかりと読ませるデザインです。
挑戦する人の姿を30メートルの高さから俯瞰でとらえた撮影は森山智彦氏。

2021_konoike_150ad_01_Synthetic_w640.jpg

2021.06  EXHIBITION

四角い平面が包む形に寄り添う風呂敷を36名のDAS会員がデザイン。大阪3会場を巡回します。
2021 05 風呂敷展(巡回展)第1回展/A&W 05月14日-21日
2021 06 風呂敷展(巡回展)第2回展/ギャラリーゴロー 06月01日-15日
2021 06 風呂敷展(巡回展)第3回展/不二画廊 06月21日-07月03日
主催:DAS総合デザイナー協会 後援:毎日新聞社

210323GrBl_rbg_w640.jpg

2021.05  PRESS

社会と生活に関わる企業や団体のロゴと展開例を業種別に掲載。発行:パイ インターナショナル
医療部門に、SNN+KUUの担当した空間グラフィックとブランディング「いしはら矯正歯科・こども歯科」「吉岡歯科」「山手歯科」、施設と地域・その他部門に、真之助デザインが制作した「京都市京セラ美術館VI計画」と「鴻池組150周年VI計画」が掲載されています。

2021_pie_logo_designs_01w640.jpg

2021_pie_logo_designs_02_2w640.jpg

2021.04  PRESS

真之助デザインが制作を担当した「大阪ブレストクリニック」「いしはら矯正歯科・こども歯科」「帯カフェ」のポスターや空間グラフィック、また王怡琴の「東と西の目」ポスターと「AYANE」「星雨設計スタジオ」ロゴなどが入選し、年鑑に掲載されました。

2021_typo_1064w640.jpg

2021_typo_1041w640.jpg

2021.04  ACTIVITY

王怡琴がSHINNOSKE DESIGNを代表してマレーシアで開催されたトークイベントに登壇。「Shout Out Lound 巨聲講」は、毎回アジア各地のデザイナーを招いて行われ、5回目の今年はコロナの影響でオンライン形式となりました。シンガポール、マレーシア、香港、台湾、日本から計6名のデザイナーが参加。トーク動画はTsubaki StudioのFeacebookに公開されています。動画

2021_Shout-Out-Lound_03_w640.jpg

2021_Shout-Out-Lound_02_w640.jpg

2021.04  ACTIVITY

台湾のトップクリエイターがデザインしたアイテムを揃えたショップが3月24日オープン。真之助デザインの王怡琴が担当。
欧文のロゴ+漢字「好台」をサプグラフィックとしてウェブサイトやショップカード、展示ツールに展開しています。
プロジェクト実行メンバー GD:南大成 PR:和谷尚美 WEB:白波瀬博文 AD:王怡琴
オフィシャルサイト オンラインショップ

2021_hao_tw_logo_w_w640.gif

2021.03  ACTIVITY

4年目、2021年版を作成しました。クリニックの安心感や信頼感を患者と家族に伝えています。
CD/C:児島令子 AD:杉崎真之助 D:王怡琴

2021_b_c_poster_all_jpg

2021.03  ACTIVITY

杉崎真之助とデザインの話をするライブ配信。第1回目は大阪芸術大学デザイン学科の学生の皆さんと一緒に『アタマとカラダでわかるデザイン』を読み解き、グラフィックデザインの本質に迫ります。
杉崎真之助(株式会社真之助デザイン代表 大阪芸術大学教授)
松村大輔(PIE International 編集・デザイン)
大阪芸術大学デザイン学科3年生(新4年生)大原 空さん、亀川 來愛さん、阪野 真子さん
配信URL
配信日:03月26日 20:00-21:30 無料 主催:PIE International

20210326_pie_talk01.jpg

20210326_pie_talk03.jpg

2021.03  ACTIVITY

62カ国・地区から応募された8,534作品より267作品が選出。杉崎真之助が制作した大阪芸術大学「学生のための実験作品展(2019前期)」ポスター、平和紙業ペーパーボイスでの「TYPE WEST 02: Physical Education 2020」ポスターなど、合計3点が文化ポスター部門に入選し、深圳の美術館で展示されます。作品の一部は同時開催のJAGDA2020年巡回展でも展示予定。
第4回深圳国際ポスターフェスティバル2020展覧会 03月23日から04月5日まで 深圳・関山月美術館 情報掲載

2019_GD_AT_E_w640.jpg

2021.03  EXHIBITION

日本タイポグラフィ協会の会員41名が「コロナ禍」をテーマにしたポスターを展示しました。
王怡琴が「 ココロナ」タイトルロゴ、会場サインを担当し、ポスターにも展開。杉崎真之助は白いマスクをモチーフにした作品で参加。
作品とメッセージはタイポグラフィックス・ティ : 299号「ココロナ2021」に特集されています。
展覧会は03月09日から18日まで 平和紙業ペーパーボイス(大阪)
主催:日本タイポグラフィ協会 西部研究委員会
企画進行:ブラザトン ダンカン、オガワヨウヘイ、神田 友美、シュミットニコール、王怡琴

2021_type_west03_shinn_w640.jpg

2021_type_west03_ou_w640.jpg

2021.02  EXHIBITION

美術作家・川井ミカコが展開するシリーズ。展覧会に合わせて、不思議なキャラクター「さとこ」を海洋堂が3Dプリンター出力し、クリエイターがオリジナルペイントでコラボレーション。杉崎真之助と王怡琴の作品が展示されました。
02月16日から28日まで ラッズギャラリー(大阪・福島)

2021_satoko_09_w640.jpg

2021_satoko_ou_01_cut_w640.jpg

2021.01  ACTIVITY

真之助デザインの王怡琴が、母校の京都精華大学でグラフィックデザインコース2年生を対象にオンライン特別講義を実施。来日から現在にいたるまでの経験と実績を語り、30余名の学生からはデザインの勉強方法や国際的な交流などについて活発に質疑応答が行われました。
01月29日 zoom会議形式

20210129_talk_w640.jpg

2021.01  EXHIBITION

美術団体ゼロ会とDAS総合デザイナー協会とのコラボレーション展。DAS会員20人がポスターを展示。杉崎真之助は「Zero Faces」シリーズの新作を発表しました。
01月19日-24日 大阪市立美術館 地下展覧会室 ZERO展DAS特別展示

2021_zero_90rgb_w640.jpg

2021.01  PRESS

不安を感じることの多い中で、人と環境にやさしい商品・サービスを魅力的に伝えるデザインの秀作をまとめて紹介する書籍。「大阪ブレストクリニック」ポスターが掲載されています。CD・C児島令子 AD杉崎真之助 D王怡琴 発行・発売:パイ インターナショナル

20201_pie_safety&security06_w640.jpg

20201_pie_safety&security02_w640.jpg

2021.01  EXHIBITION

「クリエイター100人からの年賀状展 16」
紙の専門商社の竹尾の新年イベント。淀屋橋見本帖(大阪)01月22日から02月26日まで
「デザイナーズコレクション2021 12cmの世界」
縦×横12cmの世界を表現した恒例の作品展。MI Gallery(大阪・西天満)01月17日から22日まで

2021_12cm_w640.jpg

2021.01  EXHIBITION

2021台湾ポスターデザイン協会の「再生をテーマにした国際ポスター招待展」に、杉崎真之助が招待されました。台湾をはじめ世界のデザイナー約50人のポスターおよび同時に開催されたコンテストの受賞作品を展示。
01月12日ー17日 台北・ボピリャオ剝皮寮歴史地区  主催:2021台湾ポスターデザイン協会ほか

2021_tpda02_w640.jpg

2020.12  EXHIBITION

気鋭の写真家と第一線のコピーライター10人が言葉でコラボレーション。AD/Dとして杉崎真之助/王怡琴が参加します。
12月10日―22日 Gallery & Antique RAURAUJI(大阪・江戸堀)
参加コピーライター:礒村輝美・納健太郎・児島令子・坂口二郎・重泉祐也・正樂地咲・田中有史・秦久美子・山中貴裕・わきたけん一(五十音順)

2020_moriyama_exh00.jpg

2020.11  ACTIVITY

真之助デザインの王怡琴が「日本で気づいたこと、学んだこと、そして広がったこと」というテーマで講演。日本と台湾の文化の違い、大学と仕事の経験談などを語りました。内容はメビックのホームページに掲載されています。 記事
10月16日 会場:クリエイティブネットワークセンター大阪メビック

20201016_mebic02cut_w640.jpg

2020.11  EXHIBITION

今年6月に開催された台湾ポスターデザイン協会による海洋環境保全をテーマにした国際ポスター招待展の図録。台湾をはじめ中国、日本、韓国、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ペルー、マレーシア、シンガポール、メキシコ、エクアドル、トルコ、イラン、ポーランドなど、杉崎真之助を含めて世界のデザイナーによる100枚のポスターを掲載。
展示作品:2010上海万博の際にも出品したビジュアル「地球は全ての生き物の住みか。生態系を構成する無数の生命」

2020_tpda_poster_05_w640.jpg

2020.11  EXHIBITION

工芸作家とグラフィックデザイナーがつながり、新たなものづくりの可能性を追求する展覧会です。大阪工芸協会とDAS総合デザイナー協会が企画。杉崎真之助は工芸作家・馬渡喜穂氏の錫の作品とコラボレーションし、フィボナッチ数をモチーフに、幾何学とクラフト、数列の美と工芸の美の融合を試みます。
11月16日-29日 ギャラリー・ゴロー(大阪・京橋)

2020_Graphicraft_poster_w640.jpg

2020.11  AWARD

王怡琴が制作したポスター作品「東と西の目」がベストワーク20に選ばれました。16年目となる「アジア太平洋デザイン年鑑」が、今年は9ヶ月かけて1,600余の応募作品を結集。国際的に有名な13名の審査委員による審査の結果、全9カテゴリーで251名のデザイナー、439作品が入選し、その中からベストワーク20、ノミネート80が選出されました。 掲載発表

2019_Ken_tsai_lee_posterA_rgb_w640.jpg

2020.11  ACTIVITY

上海の近く、古い町並みが残る「新場古鎮」をテーマにしたコンテスト。中国内外からポスターとイラスト約1,000作品の応募があり、杉崎真之助を含む15名の審査委員が12のベストノミネーションアワード、22のエクセレンスアワードほか、ファイナリストアワードなどを選出。展覧会では100点以上のポスターやイラスト作品が展示されます。
受賞式は、11月6日に新場行古鎮の四庫書房で開催され、展示は15日まで。その後17日から12月にかけて上海市の世界博覧会博物館未現場・空間で巡回展の予定。 展覧会会場

2020_640-3.jpg

2020.09  PRESS

中国Sandu Publishing社発行の「アジア太平洋デザイン年鑑 16」で杉崎真之助が審査委員を務め、寄稿文「思考的点線面(中)Dot, Line and Plane of an Thinking(英)」と作品が掲載されました。年鑑には251名のデザイナーの入選439作品を収録。

2020_APD16_12_w640.jpg

2020.07  ACTIVITY

台湾の崑山科技大学において基礎造形・構成表現のデザイン教育の導入に貢献した朝倉直巳氏を記念し、2004年に設立されたデザインコンペティション。平面、立体、動画を一同に集め、杉崎真之助(日本)、林傑(マレーシア)、胡毓賢、連俊名、連佳惠(台湾)がオンラインで一次審査を行いました。現地での二次審査を経て受賞作品が決定。展覧会は受賞式の後、09月30日から10月14日まで、台南文化創意園區 1D七星工坊にて。

2020_asakura15th_03.jpg

2020_asakura15th_02.jpg

2020.07  AWARD

東京ミッドタウン・デザインハブの第86回企画展「日本のグラフィックデザイン2020」で、JAGDA年鑑の掲載作品から約300作品を展示。
展示作品:大阪芸術大学「グラフィックデザイン研究」杉崎クラスの告知ポスター
07月10日–08月31日 東京ミッドタウン・デザインハブ

2019_GD_MO_E_w640.jpg

2020.06  ACTIVITY

正方形とイニシャル「I」をモチーフにしたシステマティックなパターンをブランドロゴから空間グラフィックまでトータルに構築。正方形のパターンをシステマチックに空間に、同時にブランド建築事務所KUUとSHINNOSKE DESIGNによる「SHINKUUプロジェクト」のひとつ。

2020_ishihara_web01_640.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11