2017.05  EXHIBITION

平和紙業のギャラリーペーパーボイス大阪が20周年を迎えます。「20」をテーマに制作されたクリエイター66名のポスター展です。王怡琴が初めてB1サイズのシルクスクリーンに挑戦。漢字の二十という文字のモノグラムと20個の丸のパターンを重ねてお祝いの盛り上がりを表現しました。平和紙業のギャラリーペーパーボイス 5月9日から5月18日まで。

2017_paper20th4665cut.jpg

2017.05  PRESS

商店建築 5月号「クリニック&デンタルクリニック」発行:商店建築社
InDeXyシリーズ Vol. 3 New Dental Clinic Design 発行:アルファブックス/アルファ企画。建築事務所KUUとSHINNOSKE DESIGNによる「SHINKUUプロジェクト」のひとつ。

201705_shote4700cut.jpg

2017.02  EXHIBITION

美術団体ゼロ会とのコラボレーション展。DAS総合デザイナー協会の会員が参加。杉崎真之助はゼロのタイプフェースをテーマにしたポスター「Zero Face」を出品しました。
02月21日-02月26日 大阪市立美術館 地下展覧会室 ZERO展DAS特別展示室

2017.02  AWARD

杉崎真之助の「0のポスターデザイン展」が選ばれました。2005年に「Glocalism Diagram」が入選してから12年ぶりとなります。ビエンナーレには世界約700人のデザイナーから2100点のポスターの応募があり、展覧会で33カ国の約350点のポスターが展示されます。ラハティ美術館06月09から09月24日まで。

2017.01  ACTIVITY

2012年に完成した大阪中之島の「フェスティバルタワー」のロゴに続いて、2017年春に竣工する「フェスティバルタワーウエスト」のロゴ、さらにこのツインタワーから成る「フェスティバルシティ」のロゴを制作し、トータルなVIシステムとして完成させました。各タワーのシンボルを統合し、ひとつのまちを形成するシティの姿を象徴的にあらわしています。
写真:朝日新聞01月26日朝刊(大阪)

2017_FCT_3895.jpg

2017_FCT_8814_640.jpg

2016.12  AWARD

「ゼロ展/大阪市立美術館」と「Design X Taipei/台湾ポスターデザイン協会」のポスターが、深圳国際ポスターフェスティバルのプロフェッショナル部門で入選(ショートリスト)しました。

2016.12  AWARD

ゼロのタイプフェースをテーマにしたポスター「Zero Faces」がビジュアルコミュニケーションデザイン部門に入賞しました。11月18日から20日まで台北・松山文化創意園区でプロダクトデザイン部門、公共空間デザイン部門などから入選および受賞作60点あまりを展示。

2016_taipei_d_w3001_640.jpg

2016.11  EXHIBITION

大陸中国と台湾の両岸で尊敬される孫文の生誕150周年を記念した展覧会に、杉崎真之助・王怡琴の共作を招待出品。孫文ゆかりの中山市で展覧会が開催されました。11月05日―12月20日 山理工學院萬美堂 テーマの「天下為公」は「世界は人々のために The whole world as one community」の意。

2016_15th_Whole_W3012_640.jpg

2016.11  EXHIBITION

「ワインラベル展」 毎年ボジョレーヌーボー解禁日に合わせて行う展覧会。DAS総合デザイナー協会+JAGDA日本グラフィックデザイナー協会関西の主催。11月17日–11月26日 A&W
「Body Work 11」 JAGDA大阪地区会員による今年の仕事1点を出品する展覧会。今年で11回目。11月28日–12月8日平和紙業ペーパーボイス
「めぶくアート展」東北6県被災者応援プロジェクトの展覧会。12月01日–04日 兵庫県立美術館ギャラリー棟
「わたしのマチオモイ帖」にポストカード「釣鐘帖」を出品。展覧会は12月9日から2017年1月29日まで クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
「12cmの世界」デザイナーズコレクション2016 12X12cmの展覧会に参加。12月22日-27日 茶屋町画廊。

2016_11-12_640.jpg

2016.09  ACTIVITY

韓国・ソウルで開かれた世界35カ国のデザイナー約400名で構成されるグラフィックデザイナー団体 AGI の会議に参加しました。

thumb_IMG_7362_1024_640-01.jpg

2016.09  EXHIBITION

国際グラフィックデザイナー団体 AGI が韓国・ソウルで開催した特別企画「I Love Seoul展」に出品。DDP(Dongaemun Design Plaza)で展示されました。

2016_AGI_Seoul_w640.jpg

2016.09  ACTIVITY

あべのハルカス・大阪芸術大学スカイキャンパスにて、DAS60周年記念展を09月28日-10月02日まで開催。10月02日には「杉崎真之助 グラフィックデザイナーの視点」のレクチャーを行いました。

2016.07  PRESS

オーストラリアのデザイナーKen Cato氏が声をかけた世界の40カ国以上のグラフィックデザイナー200人が、自ら選んだ「一番好きな作品」。1989年から4冊目の出版。2003年に続き、2016年版に杉崎真之助の作品が掲載されました。発行:Images Publishing 社。

thumb_IMG_6897_640.jpg

2016.06  EXHIBITION

京の都を守護する青龍(東)・白虎(西)・朱雀(南)・玄武(北)の神々をテーマにした和菓子の紙皿展に参加。条件は90×160 mm のクッション紙に銀一色。干菓子を乗せて展示されました。
JAGDAの京都総会に合わせて06月19日–28日まで開催。 上七軒・ぎゃらりぃ 和こころ 主催:JAGDA京都地区

IMG_6567_cut640.jpg

2016.05  ACTIVITY

設計と同時進行でグラフィックとサインを開発。一貫した印象でブランディングを計画しました。建築事務所KUUとSHINNOSKE DESIGNによるSHINKUUプロジェクトのひとつ。

2016yamate_41_6_640.jpg

2016yamate_41_15_640.jpg

2016.05  ACTIVITY

演劇からダンス、コンサートまで、舞台芸術全般の劇場「シアター BRAVA!」が、11年の歴史にいったん幕を下ろしました。ロゴをはじめ外観サインなどをSHINNOSKE DESIGNが担当。関係者に配られた心斎橋「松利」の手ぬぐいが、区切りの仕事となりました。

thumb_IMG_6338_1024_640.jpg

2016_brava_0913_cut640.jpg

2016.04  PRESS

日本タイポグラフィ協会の機関誌にSHINNOSKE DESIGNの作品が紹介されています。

2016_Ti283_0941cut640.jpg

2016.04  PRESS

日本タイポグラフィ協会のデザイン年鑑に、ポスター、ロゴなどの作品が入選、掲載されました。

2016_typo_0420.jpg

2016_typo_0426.jpg

2016.02  EXHIBITION

大阪市立美術館「0のポスターデザイン展」に出品 美術団体ゼロ会とのコラボレーション展。DAS総合デザイナー協会の会員21名が参加。杉崎真之助はゼロのタイプフェースをテーマにしたポスター「Zero FAces」を出品しました。

2016_zero640_rgb.jpg

2016.02  ACTIVITY

デザイナーの考え方を作品と活動を通じてレクチャーしました。大阪芸術大学デザイン学科 × ナレッジキャピタルのコラボ企画。
2016年02月03日 CAFE Lab.グランフロント・ナレッジキャピタル
出演:杉崎真之助(教授大阪芸術大学デザイン学科教授) ナビゲート:清水柾行、辻 邦浩

2016_sdhool_talk.jpg

2016.02  PRESS

ひらがな・カタカナ。漢字のロゴの作品集。ピエインターナショナル社発行

2016_nihongologo_9851_640.jpg

2016_nihongologo_9857_640.jpg

2016.01  PRESS

中国Sandu Cultural Media社発行のデザイン年鑑「Asia-Pacific Design No.11」に、ポスター、空間計画などの作品が入選、掲載されました。

2016_APD11_9829_640x480.jpg

2016_APD11_9834_640x480.jpg

2016.01  EXHIBITION

漢字による優れたタイポグラフィデザインの展覧会。台北市内にある国立台湾科技大学で開催。杉崎真之助は日本の作家選出に携わり、大学では王怡琴と共に講演、ワークショップを行いました。2014年末開催。タイポグラフィ作品ほか招待展示。

2015_TP_ocdwi9820_640x480.jpg

2015_TP_ocdwi9828_640x480.jpg

2016.01  EXHIBITION

国立現代美術館・ソウル館で開催。50年間の日韓両国のグラフィックデザインの流れと傾向、グラフィックデザイナーを紹介する企画展。第1世代から若手デザイナーまで、日韓のグラフィックデザイナー112人が参加。2015年08月 国立現代美術館・ソウル館 メディアラボ。

2015_k_j50th_9815bk_640x480.jpg

2015_k_j50th_9817_640x480.jpg

2015.12  EXHIBITION

ボジョレーヌーボー「ワインラベル展」11月19日から28日まで、京町堀のワインレストラン「a&w」。DAS総合デザイナー協会+JAGDA日本グラフィックデザイナー協会関西が、毎年ボジョレーヌーボー解禁日に合わせて行う展覧会。 茶屋町デザイナーズコレクション2015「12cmの世界」12月17日から22日まで、茶屋町画廊。杉崎真之助は来年の干支「申」を出品しました。

2015_wine_8105cut.jpg

2015.11  EXHIBITION

台湾ポスターデザイン協会が主催する展覧会。ドイツ、スイス、日本、アメリカ、韓国、ポーランド、ハンガリー、ロシアなど10カ国から淺葉克己、岡本滋夫、杉崎真之助、靳埭強、劉小康、何見平、Uwe Loesch、Niklaus Troxlerなど100名が招待され、11月28日-12月03日まで台北「国立台湾師範大学德群藝廊」で展覧会を開催。台北市は「2016世界デザイン都市」に選ばれています

2015_taipei_design01.jpg

2015.11  AWARD

入選作品は秋に京都のギャラリー「SUGATA」で開催された「琳派屏風展」のために制作されたポスター。11月華山1914文化創意産業園区で展示されました。

2015.10  AWARD

スロバキアのトルナバで3年に一度開催されるポスター(TPT)コンテストに入選。37カ国から3564点の応募がありました。作品は平和紙業「ペーパーボイス大阪」で展示された「B1展」の作品。09月03から11月29日まで「Jan Koniarek Gallery」で展覧会。10月15日にセレモニーが開催されました。

2015_tpt_4510.jpg

2015.10  ACTIVITY

10月13-15日、中国・杭州の中国美術学院に招聘され、第7回中国国際ポスタービエンナーレ2015の展示・審査、設計芸術学院でのワークショップを行いました。
今回の国際審査員は、Rik Bas Bacher(フランス)、Peter Bankov(ロシア)と杉崎真之助(日本)。
同時に中国美術学院設計芸術学院では、大学院を中心とした学生の作品発表と審査員による講評のワークショップが開催され、第16回白金創意国際大学生グラフィックデザイン大賞の審査が行われました。

2015_cipb_4123.jpg

2015_cipb_4019.jpg

2015.09  EXHIBITION

世界35カ国のデザイナー約400名で構成されるグラフィックデザイナー団体 AGI の特別企画「Coexistence展」の出品作品。スイス・Biel/Bienneでの大会で展示されました。

2015_AGI_Biel_rgb_w640.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11