2021.01  EXHIBITION

「クリエイター100人からの年賀状展 16」
紙の専門商社の竹尾の新年イベント。淀屋橋見本帖(大阪)01月22日から02月26日まで
「デザイナーズコレクション2021 12cmの世界」
縦×横12cmの世界を表現した恒例の作品展。MI Gallery(大阪・西天満)01月17日から22日まで

2021_12cm_w640.jpg

2021.01  EXHIBITION

2021台湾ポスターデザイン協会の「再生をテーマにした国際ポスター招待展」に、杉崎真之助が招待されました。台湾をはじめ世界のデザイナー約50人のポスターおよび同時に開催されたコンテストの受賞作品を展示。
01月12日ー17日 台北・ボピリャオ剝皮寮歴史地区  主催:2021台湾ポスターデザイン協会ほか

2021_tpda02_w640.jpg

2020.12  EXHIBITION

気鋭の写真家と第一線のコピーライター10人が言葉でコラボレーション。AD/Dとして杉崎真之助/王怡琴が参加します。
12月10日―22日 Gallery & Antique RAURAUJI(大阪・江戸堀)
参加コピーライター:礒村輝美・納健太郎・児島令子・坂口二郎・重泉祐也・正樂地咲・田中有史・秦久美子・山中貴裕・わきたけん一(五十音順)

2020_moriyama_exh00.jpg

2020.11  ACTIVITY

真之助デザインの王怡琴が「日本で気づいたこと、学んだこと、そして広がったこと」というテーマで講演。日本と台湾の文化の違い、大学と仕事の経験談などを語りました。内容はメビックのホームページに掲載されています。 記事
10月16日 会場:クリエイティブネットワークセンター大阪メビック

20201016_mebic02cut_w640.jpg

2020.11  EXHIBITION

今年6月に開催された台湾ポスターデザイン協会による海洋環境保全をテーマにした国際ポスター招待展の図録。台湾をはじめ中国、日本、韓国、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ペルー、マレーシア、シンガポール、メキシコ、エクアドル、トルコ、イラン、ポーランドなど、杉崎真之助を含めて世界のデザイナーによる100枚のポスターを掲載。
展示作品:2010上海万博の際にも出品したビジュアル「地球は全ての生き物の住みか。生態系を構成する無数の生命」

2020_tpda_poster_05_w640.jpg

2020.11  EXHIBITION

工芸作家とグラフィックデザイナーがつながり、新たなものづくりの可能性を追求する展覧会です。大阪工芸協会とDAS総合デザイナー協会が企画。杉崎真之助は工芸作家・馬渡喜穂氏の錫の作品とコラボレーションし、フィボナッチ数をモチーフに、幾何学とクラフト、数列の美と工芸の美の融合を試みます。
11月16日-29日 ギャラリー・ゴロー(大阪・京橋)

2020_Graphicraft_poster_w640.jpg

2020.11  AWARD

王怡琴が制作したポスター作品「東と西の目」がベストワーク20に選ばれました。16年目となる「アジア太平洋デザイン年鑑」が、今年は9ヶ月かけて1,600余の応募作品を結集。国際的に有名な13名の審査委員による審査の結果、全9カテゴリーで251名のデザイナー、439作品が入選し、その中からベストワーク20、ノミネート80が選出されました。 掲載発表

2019_Ken_tsai_lee_posterA_rgb_w640.jpg

2020.11  ACTIVITY

上海の近く、古い町並みが残る「新場古鎮」をテーマにしたコンテスト。中国内外からポスターとイラスト約1,000作品の応募があり、杉崎真之助を含む15名の審査委員が12のベストノミネーションアワード、22のエクセレンスアワードほか、ファイナリストアワードなどを選出。展覧会では100点以上のポスターやイラスト作品が展示されます。
受賞式は、11月6日に新場行古鎮の四庫書房で開催され、展示は15日まで。その後17日から12月にかけて上海市の世界博覧会博物館未現場・空間で巡回展の予定。 展覧会会場

2020_640-3.jpg

2020.09  PRESS

中国Sandu Publishing社発行の「アジア太平洋デザイン年鑑 16」で杉崎真之助が審査委員を務め、寄稿文「思考的点線面(中)Dot, Line and Plane of an Thinking(英)」と作品が掲載されました。年鑑には251名のデザイナーの入選439作品を収録。

2020_APD16_12_w640.jpg

2020.07  ACTIVITY

台湾の崑山科技大学において基礎造形・構成表現のデザイン教育の導入に貢献した朝倉直巳氏を記念し、2004年に設立されたデザインコンペティション。平面、立体、動画を一同に集め、杉崎真之助(日本)、林傑(マレーシア)、胡毓賢、連俊名、連佳惠(台湾)がオンラインで一次審査を行いました。現地での二次審査を経て受賞作品が決定。展覧会は受賞式の後、09月30日から10月14日まで、台南文化創意園區 1D七星工坊にて。

2020_asakura15th_03.jpg

2020_asakura15th_02.jpg

2020.07  AWARD

東京ミッドタウン・デザインハブの第86回企画展「日本のグラフィックデザイン2020」で、JAGDA年鑑の掲載作品から約300作品を展示。
展示作品:大阪芸術大学「グラフィックデザイン研究」杉崎クラスの告知ポスター
07月10日–08月31日 東京ミッドタウン・デザインハブ

2019_GD_MO_E_w640.jpg

2020.06  ACTIVITY

正方形とイニシャル「I」をモチーフにしたシステマティックなパターンをブランドロゴから空間グラフィックまでトータルに構築。正方形のパターンをシステマチックに空間に、同時にブランド建築事務所KUUとSHINNOSKE DESIGNによる「SHINKUUプロジェクト」のひとつ。

2020_ishihara_web01_640.jpg

2020.06  ACTIVITY

06月18日の夜に開催されたアジア太平洋年鑑のオンラインレクチャー「APD Live」に、杉崎真之助が講師として王怡琴とともに出演。「思考の点線面」をテーマに、実験作品やプロジェクトの紹介、続いてQ&Aを2時間にわたって行い、約3,500人が視聴しました。
この「APD Live」は5月に劉曉翔、厲致謙、劉創×詹火德、6月には中島英樹、韓家英などが講師を務め、注目を集めているデザインイベントです。
06月18日 中国時間21時から23時まで、WeChatで開催 主催:Sandu Publishing

2020_apdlive00_640.jpg

2020_apdlive01_640.jpg

2020.06  EXHIBITION

2020台湾ポスターデザイン協会による海洋環境保全をテーマにした国際ポスター招待展に、杉崎真之助が招待されました。台湾をはじめ中国、日本、韓国、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ペルー、マレーシア、シンガポール、メキシコ、エクアドル、トルコ、イラン、ポーランドなど、世界のデザイナーによる100枚のポスターを展示。
06月06日ー14日 高雄・MRT高雄美麗島駅オレンジライン回廊 主催:2020台湾ポスターデザイン協会ほか

2020_tpda04_w640.jpg

2020.05  EXHIBITION

杭州・中国美術学院の美術館で開催された「Songs of Spirits ― 反感染症ヒーローへの賛辞とオンライン教育展」において、ポスター展「Stand Here, Face Together」に参加。杉崎真之助のメッセージは「Look right, think right, act right ― 正確的觀察,正確的思考,正確的行動 ― よく見る、よく考える、正しく行動する」。
05月18日ー06月06日 中国美術学院美術館 主催:中国美術学院

2020_mask_Exhibition-1_w640.jpg

2020.05  ACTIVITY

京都市京セラ美術館が05月26日に人数を制限した予約制でようやく開館。SHINNOSKE DESIGNが制作したロゴシステムのデザインコンセプトは、京モダン。細ゴシック体のシンプルなタイポグラフィに、アクセントとして輝きをあらわす小さなスリットを加え、しずかな存在感を表現しました。カラーは無彩色の京墨を使用。

5_kkma_1_w640.jpg

5_kkma_2_bk_w640.jpg

2020.05  PRESS

日本タイポグラフィ協会の機関誌に、杉崎真之助と王怡琴の作品が紹介されています。合成紙「ユポ」を使った時計、会員24名が参加。

2020_typoti294_shinn_ou_w640.jpg

2020.04  PRESS

真之助デザインが制作を担当した京都市京セラ美術館のロゴ/シンボル、杉崎真之助の著書「アタマとカラダでわかるデザイン」、大学の展覧会ポスター、タイポグラフィ展ポスター、王怡琴のコーヒーショップVI/ロゴ、トークイベントのシンボル、自主制作「STONE」ロゴ、「彌月之喜」ポスターなどが入選、掲載されました。

2020_typo_3967_w640.jpg

2020_typo_3975_w640.jpg

2020.03  EXHIBITION

日本タイポグラフィ協会の西部研究会メンバー20名が、スポーツ・選手・アウトドアをテーマにしたポスターを展示。杉崎真之助は野球、王怡琴はバスケットボールを出品。
03月09日ー18日 平和紙業ペーパーボイス(大阪)
主催:日本タイポグラフィ協会 西部研究委員会

2020_type_west02_shinn_3572w640.jpg

2020_type_west02_ou_3568w640.jpg

2020.02  PRESS

3年目、2020年版を作成しました。
2019年版は、コピー年鑑2019、アジア太平洋デザイン年鑑15に掲載されました。
CD/C:児島令子 AD:杉崎真之助 D:王怡琴

2020_b_c_poster_all_w640.jpg

2020.02  EXHIBITION

美術団体ゼロ会とのコラボレーション展。DAS総合デザイナー協会の会員20人が参加。杉崎真之助はポスター「Zero Faces」を出品しました。
02月25日-03月01日 大阪市立美術館 地下展覧会室 ZERO展DAS特別展示室

2020_zero_w640.jpg

2020.02  PRESS

1969年の日本レタリング年鑑から2019年の日本タイポグラフィ年鑑まで、50年間にわたる40冊の作品の中から、名作約1000点を選択して紹介。真之助デザインの作品が7点掲載されています。
1997おてん・1999吉原治良賞・2003セラーテム・2004B_T・2005吉原治良賞(杉崎真之助)、2005ポケッチュ(+高田雄吉)、2017築+設計(王怡琴)
日本のロゴ・マーク50年 編集:日本タイポグラフィ協会 発行:パイ インターナショナル

2020_typo_logomark50th_3438w640.jpg

2020_typo_logomark50th_3459w640.jpg

2020.01  EXHIBITION

昨年の岐阜につづき大阪で開催。デザイナーによる掛け軸アートの展覧会。総合デザイナー協会のグラフィック、プロダクト、工芸、ファッションなど各分野の会員が参加。「四季」をテーマに、デザインの切り口から岐阜・掛け軸の魅力を展示します。
ネオジャポニズムアートフェア 2020年02月07日–15日 MIギャラリー(大阪)

2020.01  EXHIBITION

紙の専門商社の竹尾の新年イベント「クリエイター100人からの年賀状」に参加。淀屋橋odona・淀屋橋見本帖(大阪)で展示。01月28日から02月28日まで。

2020_nenga.jpg

2020.01  ACTIVITY

設計とグラフィックを同時進行でデザイン。帯と織をモチーフに、一貫したコンセプトで空間インスタレーションとグラフィック、ブランドロゴを開発しました。建築事務所KUUとSHINNOSKE DESIGNによる「SHINKUUプロジェクト」のひとつ。

2020_obi_cafe-21-2cut_w640.jpg

2020_obi_cafe-21-18cut_w640.jpg

2019.12  PRESS

デザインをするうえで絶対に知っておくべき本は何か?という質問に、世界の100人のデザイナーが答えた100冊を掲載した本。それぞれの個人的視点で選択した実際の蔵書が撮影されています。杉崎は「Typography Today」を選びました。亡くなられたヘルムート・シュミット氏自身による書籍紹介も掲載されています。
編集者はケルン応用科学大学(RFH)ルネ・スピッツ教授とマルセル・トラウゼンバーグ講師、デザインはデュッセルドルフ応用科学大学(HSD)ビクターマルシー教授。100 Bücher, die alle Designer kennen sollten 発行:Av Edition(ドイツ語)

2019_100Bucher_1845w640.jpg

2019_100Bucher_1839w640.jpg

2019.12  EXHIBITION

第2回「宇宙展」12月10日-21日 山本美術
縦、横、高さ30cm以内がルール。杉崎真之助は「温暖化を考えるカップ&ソーサ」を出品。
デザイナーズコレクション2020「12cmの世界」 01月10日-21日 MI Gallery
縦、横12cmの作品。杉崎は「数字のシリーズ」で参加。
「Initial Type + Hot Stamp Exhibition」大阪巡回展 01月14日-23日 平和紙業ペーパーボイス大阪 
ホットスタンプによるタイポグラフィ。杉崎真之助と王怡琴が参加。

2019.12  PRESS

SHINNOSKE DESIGNが制作した美術館のブランディング計画と乳がんクリニックのポスターが入選しました。15周年を迎えるAPD年鑑には環太平洋地域の優れた作品が収録されています。中国Sandu Cultural Media社発行。

2019_apd15_1862w640.jpg

2019_apd15_1870w640.jpg

2019.11  ACTIVITY

大阪芸術大学デザイン学科の教授がそれぞれの著書とデザインについて公開授業を行いました。
松村大輔 ナビゲーター パイ インターナショナル編集者
杉崎真之助「アタマとカラダでわかるデザイン」
高橋善丸「ここちいい文字」
高田雄吉「タイポグラフィ・ベイシック」
11月30日14時から、大阪芸術大学スカイキャンパス『わたしぼくデザイン』 あべのハルカス17階

2019_book_talk_640.jpg

2019.11  ACTIVITY

日本グラフィックデザイナー協会・関西ブロック会員が、今年の仕事1点を出品する展覧会に出品。29日のトークイベントに参加。登壇者:杉崎真之助、福森正紀、鈴木信輔、植松達馬
展覧会は11月25日から12月5日まで、平和紙業ペーパーボイス(大阪)

sugisaki_shinnoske_w640.jpg

2019.11  EXHIBITION

毎年ボジョレーヌーボーの解禁日に合わせて行う展覧会。デザイナーのオリジナルラベルのワインが並びます。DAS総合デザイナー協会、JAGDA日本グラフィックデザイナー協会関西の会員を中心に約80名が参加。
11月21日から30日まで、京町堀ワインレストラン A&W。

2019_wine_1739w640.jpg

2019.11  EXHIBITION

2005年の初版から15年目を迎えた APD(アジア太平洋デザイン年鑑)記念展に招待され、作品が深圳の誠品生活などで展示されます。自言自語は中国語で独り言の意。出品作は大阪芸術大学の学生実験作品展(2017)のためのポスター。
11月15日-12月10日 誠品生活深圳 Art Studio、eslite FORUM書店 展覧会情報

apd640.jpg

2019.11  AWARD

杉崎真之助の作品がタイプB優秀賞のひとつに選ばれました。受賞したのは大阪芸術大学の学生実験作品展(2019)のためのポスター。今年は67国と地域からこれまでで最高の応募数5,108作品が集まり、その中から168点が入選。11月8日に台北市花漾展演空間で受章式が行われました。受賞作は09月27日から10月18日まで東方設計大学福田繁雄設計芸術館で展示され、収蔵される予定です。

2019_GD_AT_E_w640.jpg

2019.10  EXHIBITION

50名のデザイナーがホットスタンプによるタイポグラフィを競作。展覧会が東京、神戸、大阪で開催されます。杉崎真之助と王怡琴が参加。
東京 Ken’S GALLERY 10月12日・13日・14日・19日・20日・26日・27日に開催
神戸 ギャラリーVie 11月26日-12月1日
大阪 平和紙業ペーパーボイス大阪  2020年1月14日-23日

2019_iths_exh_s_o03_640.jpg

2019.10  EXHIBITION

デザイナーによる掛け軸アートの展覧会。総合デザイナー協会のグラフィック、プロダクト、工芸、ファッションなど各分野の会員が参加。「日本」をテーマに、デザインの切り口から岐阜・掛け軸の魅力を紹介します。杉崎真之助は「はるなつあきふゆ」季節の変化を「図形の成長」で表現。
10月25日から10月27日まで、上宮寺(岐阜市大門町)で。
主催:岐阜アートフォーラム 共催:DAS総合デザイナー協会、偕拓堂アート

2019_das_exh_rgb_640.jpg

2019.09  EXHIBITION

東京ミッドタウン・デザインハブの第73回企画展「日本のグラフィックデザイン2018」では、JAGDA年鑑2019の掲載作品から約300作品を展示。
展示ポスター:大阪ブレストクリニック
06月20日–08月07日 東京ミッドタウン・デザインハブ
09月13日-29日 香港PMQ 2F QUBE「Graphic Design in Japan 2019 (Hong Kong Edition)」巡回の予定

2019_jagda_9442w640.jpg

2019.08  PRESS

アルファブックスが発行する最新のロゴを集めた書籍に作品が掲載されました。発行:アルファブックス/アルファ企画。

2019_logo&mark5_9151_w640.jpg

2019_logo&mark5_9179w640.jpg

2019.07  PRESS

世の中のクリエイティブを見つける、届けるWEBサイト「haconiwa」に紹介されました。本の内容がとてもわかりやすく解説されています。運営会社:ライド メディア&デザイン。
週末読みたい本『アタマとカラダでわかるデザイン』

haconiwaw640.jpg

2019.07  ACTIVITY

見て、読んで、感じて、知る、グラフィックデザインのコツ。杉崎真之助がこれまでの仕事で気づいた考えや大学の授業で話した内容などを一冊にまとめたビジュアルエッセイ。ゲストにSTRiPES(ストライプス)代表の竹広信吾氏を迎え、両氏のグラフィック作品を交えながら、書籍内容を詳しく掘り下げ、グラフィックデザインの本質に迫っていきます。
出演:杉崎真之助・竹広信吾・松村大輔 07月28日(日)15:00−17:00(開場14:30) 梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ 主催:梅田 蔦屋書店 共催・協力:パイインターナショナル
ご予約受付中
書籍 電子版 WEB連載

talk_dm02.jpg

20190728talk_8388w640.jpg

2019.07  PRESS

見て、読んで、感じて、知る、グラフィックデザインのコツ。杉崎真之助がこれまでの仕事で気づいた考えや大学の授業で話した内容などを一冊にまとめたビジュアルエッセイです。
杉崎 真之助 (著) 240ページ パイインターナショナル 電子版

2019_sbook_webbookW640.jpg

PREVIOUS 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11