2012.04  ACTIVITY

Festival、Flagship、Futureに通じるFやビルの外観をモチーフに、華やかで品格のある印象に仕上げました。高さ200m、地上39階(うち塔屋2階)、地下3階の高層ビル。朝日新聞や新生フェスティバルホールの他、高級レストランや商業施設などが入ります。2012年秋、竣工予定。



NFT_logo_640x833.jpg

2012.04  PRESS

タイプフェイス、ロゴタイプ・シンボルマーク、広告、エディトリアルまで、タイポグラフィを中心とした年鑑。27冊目となる2012年版には、SHINNOSKE DESIGNの作品が8点入選・掲載されています。杉崎真之助など会員から選ばれた8名とゲスト審査委員による選考。

R0031210.jpg
R0031212.jpg
 

2012.04  PRESS

クリエイターのネットワークづくり、情報発信を支援するメビック扇町が発行する季刊誌「Super:」では、大阪で活躍するクリエイターの代表的な作品や仕事の内容、ライフスタイルや考え方などをいろいろな角度から編集。シリーズ企画「Do You Know Me?」で杉崎真之助が紹介されています。
KNOWLEDGE

R0031200.jpg

2012.04  INFO

杉崎真之助が大阪芸大デザイン学科の教授に就任しました。
今まで以上に幅広いデザイン活動と、教育研究の現場を機動的につないだ、新たな展開をめざします。

2012.04  ACTIVITY

古今東西のたばこラベルをコレクションしたギャラリーとカフェ。ロゴと壁面グラフィック。建築家・熊沢信生と杉崎真之助のSHINKUUプロジェクトのひとつ。たばこと煙が壁面一面に描かれています。

TABACO1調整0328_鉄無.jpg

2012.03  ACTIVITY

奈良の美容室。設計と同時進行でロゴを開発。一貫した印象でブランディングを計画しました。建築家・熊沢信生と杉崎真之助のSHINKUUプロジェクトのひとつ。


Lutte-13-1.jpgLutte-13-2.jpg
2012.03  ACTIVITY

「デザインを活かした商品づくりの実践プログラム」マーケティングの鷹屋信隆氏、プロダクトデザイナー平田喜大氏に続き、2月から3月にかけて杉崎真之助がコミュニケーションを担当。セミナーは12回のセッションで、コミュニティデザインの山崎亮氏、Hacoaブランドの市橋人士氏の特別講義もあり、地元のデザインコンサルタント景山直恵氏によるトータルサポート。参加者は地場産業のナショナルブランドから個人の有機農法のお米生産者まで。

2012.02  ACTIVITY

クリエイティブなテナント向けにリノベーションしたビルの9階。ワンフロアをひとつのブランドとしてサイン計画を構築。下の階から階段を上り玄関から空間に入っていくエクスペリエンスをデザインしました。

nine-ave.jpg
nine-ave2.jpg

2012.02  PRESS

2012版では、最新作ポスター3シリーズが掲載されました。10年目・10冊目になるデザイナーズファイルには、あらゆる分野で活躍する250名のグラフィックデザイナーの代表的な仕事と連絡先が紹介されています。A4変型判、264ページ、3,990円(税込)

2012MdN_表紙.jpg
2012MdN_01.jpg

2012.02  EXHIBITION

全国各地の町を題材にしたオリジナルのミニブック281冊、ムービー47編を展示。メビック大阪で昨年6月に開催されたプロジェクトをバージョンアップした東京展。2月10日から26日まで。王怡琴(台灣台北迪化街帖)、杉崎真之助(River and the City)、鈴木信輔(中之島帖)が参加。

B1125_2.jpg

2012.01  EXHIBITION

杉崎真之助を含むグラフィックデザイナー、タイポグラファー30人が各国から招待され、オリジナル作品をテーブルクロスと食器として、昨年11月24日から展示。拡張のため休館後、参加作品は「A, b, c Letters in freedom and the new Fluxus and Dada 展」と共に、キャンバス地の作品として再展示され、永久コレクションの一部になります。
美術館ムゼイオンは、イタリア・ボルツァーノの中心にあり、ベルリンの設計集団KSVによる設計。

Typographic-Tables展.jpg

2012.01  PRESS

昨年5月ドイツ・日本150周年のジャパンウィークの一環として、デュッセルドルフ応用科学大学の日本館で開かれた展覧会「1+1」。その記事が掲載されたダイハツ発行の広報誌が届きました。

R0030637.jpg
R0030635.jpg

2012.01  PRESS

統一されたフォーマットでグラフィックデザインをアーカイブしていくA5サイズのシリーズ。A5判128ページに、ルフトハンザ航空のデザイン計画の歴史が丁寧に編集されています。デュッセルドルフ応用科学大学デザイン学部が制作。杉崎真之助のショートコメントも掲載。

R0030641.jpg

2012.01  ACTIVITY

海洋堂とアーティスト川井ミカコのコラボレーションによるフィギュア作品をポストカード化しました。杉崎真之助がアートディレクションを担当。フィギュアの撮影は王怡琴、パッケージは森俊博のイラストレーションをフィーチャー。第一巻・第二巻 各9枚組 価格945円(本体900円)販売:株式会社海洋堂。

2011_satoko_postcard01.jpg
2011_satoko_postcard02.jpg

2011.12  EXHIBITION

東日本大震災を支援するポスター展「Project Sunshine for Japan」が2011年12月2日から16日まで、ドイツ・デュッセルドルフ市にあるジャパン・ハウスで開かれました。ソーシャルネットワークメディアFacebookを通じた呼びかけに対して、全世界から500点を超える作品が応募があり、その中からオンラインによる審査で100枚のポスターを選出。日本からも多くの応募があり16点が入選。
審査員にはドイツのUwe Loesch氏をはじめ、イタリア、イギリス、アメリカ、カナダ、ベネズエラ、アイスランドなど8カ国から著名なデザイナー9人が招かれた。日本からは審査とコーディネートを杉崎真之助が担当しました。

2011_Project_SJ311RGB.jpg

2011.11  PRESS

宣伝会議発行の「月刊ブレーン」11月号「デザインの見方」に、杉崎真之助のインタビュー記事が掲載されました。「いつもデザインの本質をわすれない」というタイトルで、福田繁雄さんの「Victory」ポスターをフィーチャー、杉崎のデザインに関する考え方が述べられています。

IMG_6466.jpg

2011.11  AWARD

昨年と今年、東京、大阪、台北の展覧会のために制作した3つのシリーズポスターが、香港で最も権威があるデザイン賞「HKDA Global Design Awards 2011」に入選しました。

2011.11  AWARD

中国を代表するポスタービエンナーレ「中国国際海報双年展」。2009年は杉崎真之助、2011年は南部俊安氏が日本から審査と講演に招かれました。また2010年には「杉崎真之助字体工房」展覧会とワークショップが開催されました。

2012_CIPB01.jpg

2011.11  ACTIVITY

京都の伝統と文化を守りながら、新たなデザイン手法を用いて、新しい京都のデザインの創出を図る作品を選ぶ目的で京都デザイン協会が主催する「京都デザイン賞2011」。審査員として2009、2010年に続き杉崎真之助が参加。10月09日の京都市立芸術大学での審査を終えて、表彰式・作品講評会が11月13日、京都府庁旧本館2階正庁で開かれました。グラフィック、ファッション、テキスタイル、プロダクト、パッケージ、空間、建築・ランドスケープで、実際の作品と提案作品を評価する分野を横断するユニークなコンテスト。

2011.11  EXHIBITION

総合デザイン団体DASとグラフィックデザイン団体JAGDA関西地域が合同でボジョレーヌーボーワインラベル展を開催。杉崎真之助、鈴木信輔をはじめ、幅広いジャンルのデザイナー70人による展覧会。11月17日から24日まで、プロダクトデザイナー福田武さんが運営する京町堀のワイン&レストラン「a&w」で行われました。

IMG_7363-1.jpg

2011.11  ACTIVITY

中国広東省の汕頭大学・長江芸術デザイン学院が主催する「靳埭強デザイン賞」の審査に招かれました。30歳以下の一般と学生を対象としたデザインコンテスト。賞の規模が拡大し、過去10年間で中国、香港および台湾からの2000人以上の学生たちが参加。審査員は、学院長の靳埭强(Kan Tai-keung 中国香港)ほか、李永铨(Tommy Li 中国香港)、金炅均(Kim Kyoung Kyun 韓国)、日本から、荒木志華乃と杉崎真之助。同時に講演を行いました。夜8時から開始、その後、熱心な学生からの質疑応答が深夜まで続きました。事務所の王怡琴が杉崎とともに、中国語の講演者として参加。

汕頭大学長江芸術デザイン学院でデザイン賞の審査と講演

2011.10  EXHIBITION

グラフィックデザイナーが、東日本大震災で被災した子供たちにオリジナルのハンカチを贈る活動。ハンカチが1枚売れると、被災地の子どもに同じハンカチが1枚プレゼントされます。JAGDA会員586名が出品者。10月22日から1週間、台北・台湾世界貿易センターで展示されました。大阪の後、東京・札幌・名古屋ほかに巡回。

IMG_5712.jpg
音符には声がある。声には表情がある。声を出して笑ってみると、笑顔になれる。
A note has a voice. The voice has a look. If you laugh with your voice, your face will be smiling.

2011.10  EXHIBITION

台北世界デザイン大会を記念して「妙法自然 アジアのデザイナー X 董陽孜ポスター展」が9月30日から台北で開催されました。書家・董陽孜の作品をモチーフにアジア5カ国の20人のデザイナーと台湾デザイナー20人がポスターを競作。日本からは永井一正、勝井三雄、淺葉克己、松永真、原研哉、松井桂三、三木健、杉崎真之助が参加。

IMG_5980.jpg
DSC_3960.jpg
2011_IDA_Book03.jpg

2011.10  ACTIVITY

台北世界デザイン大会を記念して、10月26日、台北の國父紀念館大會堂で「妙法自然 大師研討會」に杉崎真之助が招待され、事務所の王怡琴とともに講演を行いました。

IDA 2011「大師研討會」で講演

2011.10  EXHIBITION

台湾歴史博物館「歴史とデザインの交鋒・2011台湾百年デザイン展覧会」の中で「文化・世界デザイン名家文化のテーマポスター展」に杉崎真之助の作品が招待展示、台湾歴史博物館に寄贈、永久保存されました。展覧会は9月23日から11月13日まで。国立師範大学文化創芸産学センターが主催。出品作品は、絵画の方向95、絵画の方向94、現代版画コンクール展(1996)、吉原治良賞美術コンクール展(1995)、共に大阪府立現代美術センターのポスター。

2011_IDA_TAIWAN100posterBook01.jpg
2011_IDA_TAIWAN100posterBook02.jpg
 

2011.10  EXHIBITION

IDA 2011「MY CITY  7– City Face 2011 国際ポスター招待展」に招待展示
8カ国16都市のグラフィックデザイナーによるポスター展。日本からはJAGDA会員から選抜され、杉崎真之助を含む20名が招待されました。10月21日から30日まで高雄捷運美麗島駅で展示。台湾の高雄市クリエイターズ協会が主催。

2011_Taiwan_IEGPC.jpg

2011.09  EXHIBITION

御堂筋デザインストリートの関連イベントとして、ポスター展が大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室で9月12日から19日まで開かれました。大阪を拠点にアジア、ヨーロッパなどでも活躍を続ける3人のグラフィックデザイナーに杉崎真之助も選ばれ、今回のために手がけた新作を加えた合計70点余りのポスターを一堂に展示。デザイントークが17日に行われ、多くの学生やデザイナーが参加しました。

R0029075.jpgR0029159.jpg
日本の表音文字のための両唇破裂音を示す発音区別記号。"PO"は"ホ"から変換されます。
日本の表音文字のための有声子音を示す発音区別記号。 "デ"は"テ"から変換されます。
A diacritical mark that indicates a bilabial plosive for Japanese phonogram. “Po” is converted from “ho”.
A diacritical mark that indicates a voiced consonant for Japanese phonogram. “De” is converted from “te”.

2011.09  ACTIVITY

グローバルをテーマにした和歌山の家庭用品メーカーのブランディング。シンボルマークは社名の頭文字「小」がモチーフ。日本オリジナルを世界に広げるというブランドの考え方を表現しています。

IMG_5422.jpg

2011.08  EXHIBITION

東アジアの漢字文化圏として韓・中・日の代表的な作家99人の作品を招待展示。文字文化の元になるタイポグラフィの芸術的価値と可能性を提示するもので す。テーマは「東アジアの花火」。展覧会は8月30日から9月14日までソウル芸術の殿堂・書芸博物館で開催されました。作品は博物館に永久保存されます。出品作品は、秀英体100ポスター(DNP文化振興財団 2011)、Typographyポスター(モリサワ 2001)、Morisawa Fontポスター(モリサワ 2002)
TYPOJANCHI 2011

2011korea_Typohijanchi01.jpg2011korea_Typohijanchi02.jpg2011korea_Typohijanchi03.jpg2011korea_Typohijanchi04.jpg

2011.08  ACTIVITY

美術界の第一線で活躍中のアーティスト、キュレーター、コレクター、ジャーナリストらが推薦者となり、出展作家を1名ずつ推挙して、ともに展覧会を創り上げていく、ユニークな企画グループ展が8月19日から9月17日まで開かれました。大阪OAPにある美術館アートコートギャラリーが主催。杉崎真之助はイラストレーター上田バロンを推薦。
アートコートギャラリー

IMG_6547.jpg

PREVIOUS 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11